人生にゲームをプラスするメディア

Microsoftの4-6月期決算は増収増益……Windows部門は苦戦、Xbox360は好調

マイクロソフト Xbox360

米マイクロソフト(Microsoft)は21日(現地時間)、第4四半期(4-6月期)の決算を発表
  • 米マイクロソフト(Microsoft)は21日(現地時間)、第4四半期(4-6月期)の決算を発表
  • マイクロソフトによる発表
 米マイクロソフト(Microsoft)は21日(現地時間)、第4四半期(4-6月期)の決算を発表した。売上は173億7,000万ドルで、前年同期比8%増。営業利益は61億7,000万ドル(同4%増)純利益は58億7,000万ドル(同30%増)、1株当たりの利益は0.69ドル(同35%増)となった。

 また2011年度通期では、売上699億4,000万ドル(同12%増)、営業利益は271億6,000万ドル(同13%増)、純利益は231億5,000万ドル(同23%増)、1株当たりの利益は2.69ドル(同28%増)。

 部門別に見ると、マイクロソフト ビジネス部門は、4-6月期の売上が前年同期比7%増、2011年度通期では前年比16%増となっている。Office 2010はMicrosoft Officeの中で最も早いペースで売れているといい、すでに1億ダウンロードを突破した。

 サーバー&ツール部門は、4-6月期の売上が前年同期比12%増、2011年度通期で11%増。Windows ServerやSystem Center、SQL Serverが売上増のけん引役となったようだ。一方Windows/Windows Live部門は、iPhoneやiPadなどのスマートフォンやタブレットの普及により苦戦しており、売上は4-6月期が前年同期比1%減、2011年度通期で前年比2%減だった。

 オンラインサービス部門の売上は、4-6月期で前年同期比17%増、2011年度通期で15%増。主に同社の検索エンジン「Bing」の検索収益によるもの。4-6月期の米国内の検索エンジンの市場シェアにおいて、Bingは14.4%を占める。

 エンターテインメント&デバイス部門は、4-6月期の売上が30%増、2011年度通期で45%増。KinectとXbox Live、Xbox 360は米国市場において過去1年間高い売上をほこっている。

Microsoftの4-6月期決算は増収増益……Windows部門は苦戦

《編集部@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. フロム新作和風アクションADV『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』発表!【E3 2018】

    フロム新作和風アクションADV『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』発表!【E3 2018】

  2. Xbox One向け『ニーア オートマタ』発表!発売は6月26日【E3 2018】

    Xbox One向け『ニーア オートマタ』発表!発売は6月26日【E3 2018】

  3. 【特集】なぜ今、Xbox Oneで新作STGをリリースするのか…『雷電V』開発者が語るSTGの過去と未来と変化について

    【特集】なぜ今、Xbox Oneで新作STGをリリースするのか…『雷電V』開発者が語るSTGの過去と未来と変化について

  4. 『テイルズ オブ ヴェスペリア』リマスター版 『Tales of Vesperia Definitive Edition』発表!【E3 2018】

  5. Xbox360版『モンスターハンター フロンティア オンライン』のクローズドベータテスターにインサイドから1,000名をご招待!

  6. 【レビュー】『サンセットオーバードライブ』アクションとジョークがキレッキレで、筆者の思考がおかしくなる

  7. フルHD画質のXbox LIVEアーケード『ソウルキャリバー』画面公開

  8. 『Gears of War』シリーズ最新作『Gears 5』発表!【E3 2018】

  9. 父親から“ゲーム機”プレゼントドッキリを喰らった少年、8年越しで復讐を決行

  10. 『ミステリートF』主人公役・緒方恵美「以前プレイした方も驚く」…CARNELIANのイラストも公開

アクセスランキングをもっと見る