人生にゲームをプラスするメディア

『ヴァイスシュヴァルツ ポータブル』発売日決定、限定版&予約特典も明らかに

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『ヴァイスシュヴァルツ ポータブル』の最新情報を公開しました。

ソニー PSP
ヴァイスシュヴァルツ ポータブル
  • ヴァイスシュヴァルツ ポータブル
  • ヴァイスシュヴァルツ ポータブル
  • ヴァイスシュヴァルツ ポータブル
  • ヴァイスシュヴァルツ ポータブル
  • ヴァイスシュヴァルツ ポータブル
  • ヴァイスシュヴァルツ ポータブル
  • ヴァイスシュヴァルツ ポータブル
  • ヴァイスシュヴァルツ ポータブル
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『ヴァイスシュヴァルツ ポータブル』の最新情報を公開しました。

「ヴァイスシュヴァルツ」は、アニメやゲームの美少女キャラクターなど「が集結したトレーディングカードゲーム(TCG)です。PSPゲームではカードシミュレーター×恋愛ADVゲームとなっております。

発売日が11月23日に決定、パッケージは「通常版」「限定版」ともに「ブーストヴァイス」「ブーストシュヴァルツ」の2種類が用意され、計4製品がラインアップされる形となりました。

まず通常版の内容ですが、ソフト本体に『ヴァイスシュヴァルツ ポータブル』特別小冊子と特製収納ボックスが付属。そしてソフト本体は、「ブーストヴァイス」と「ブーストシュヴァルツ」とが存在することとなります。

この2種では、「カード入手のしやすさ」が異なり、「ブーストヴァイス」は「ヴァイスサイドの作品のカード」が揃えやすく、「ブーストシュヴァルツ」では「シュヴァルツサイドの作品のカード」が揃えやすくなっています。なおどちらのバージョンでも手に入るカードの種類は同じです。

そして限定版「クライマックスボックス」の内容ですが、ソフト本体に『ヴァイスシュヴァルツ ポータブル』特別小冊子が付いてくるとともに、PSPソフト『ヴァイスシュヴァルツ ファイティングアリーナ』(仮称)が付属します。さらに「ブーストヴァイス」「ブーストシュヴァルツ」バージョンで異なる内容の、ゲーム限定PRカード スペシャルセット、西あすか先生ゲーム描き下ろし「しよ子」特製スリーブ 60枚セット、特別イラストによるTCG「ヴァイスシュヴァルツ」プレイマットセットが付属します。

例えばPRカードのセットでは、「ヴァイスバージョン」はゲームに収録されている「ヴァイスサイドの作品」から4作品のカードがそれぞれ4枚ずつ、 「シュヴァルツバージョン」はゲームに収録されている「シュヴァルツサイドの作品」から4作品のカードが4枚ずつ入っています。

そして、限定版にはゲームがもう1本同梱。『ヴァイスシュヴァルツ ファイティングアリーナ』では、本編とは違う参戦作品のキャラクターとのカードファイトが楽しめます。もちろん、『ヴァイスシュヴァルツ ポータブル』で作った自分のデッキも使用可能。マイデッキを使って、お気に入りのキャラクターとの対戦を楽しむことができます。さらに、対戦に勝利すれば、ゲーム本編で使えるお金やポイントが貰えます。

予約特典は「ゲーム開始時に選択したデッキの作品全カードを1枚ずつ入手できる」ダウンロードコード付き特製カードとなっています。これを使えば、ゲーム序盤から好きな作品のカードで始めることができるとのことです。予約は全国のゲーム取扱店及び通販サイトで本日16日より受け付け開始となっております。

『ヴァイスシュヴァルツ ポータブル』は11月23日発売予定、価格は通常版が6,800円(税込)、限定版が10,480円(税込)です。
価格は未定です。

(C)鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX
(C)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN
(C)窪岡俊之 (C)NBGI
(C)なのはStrikerS PROJECT
(C)NANOHA The MOVIE 1st PROJECT
(C)なのはA's PROJECT
(C)VisualArt's/Key/Angel Beats! Project
(C)bushiroad/Project MILKY HOLMES
(C)bushiroad All Rights Reserved. illust:たにはらなつき(EDEN'S NOTES)
(C)2002-2006 TYPE-MOON
(C)2004,2005 TYPE-MOON
(C)2007,2008,2009谷川流・いとうのいぢ/SOS団
(C)2009,2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会
(C)2010 VisualArt's/Key
(C)bushiroad All Rights Reserved.
(C)2011 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

    対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

  2. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  3. PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

    PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

  4. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  5. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  6. PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』本日13日発売!圧倒的なボリュームの追加DLCを一挙公開

  7. Amazon、PS4本体1,000円引きクーポンが付属したカタログ無料配信!大バンバン振る舞いキャンペーンと併用でもっとお得

  8. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  9. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  10. 【12/15更新】『グランブルーファンタジー Re: LINK』発売日や対応機種は?現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る