人生にゲームをプラスするメディア

【Interop Tokyo 2011】会場のトイレでびっくり!?――セガがゲーム機「トイレッツ」を設置

その他 全般

男子トイレの一部に設置されていた「トイレッツ」 男子トイレの一部に設置されていた「トイレッツ」
  • 男子トイレの一部に設置されていた「トイレッツ」 男子トイレの一部に設置されていた「トイレッツ」
  • トイレの近くにブースを構えるセガ。小便小僧でデモ トイレの近くにブースを構えるセガ。小便小僧でデモ
  • センサーで量を計測 センサーで量を計測
  • 直前の人の量を記憶していてバトルも 直前の人の量を記憶していてバトルも
  • ランキングもでる。居酒屋で盛り上がりそうだ ランキングもでる。居酒屋で盛り上がりそうだ
 「Interop Tokyo 2011」の同時開催イベント「デジタルサイネージジャパン(DSJ)2011」の会場の男子トイレを使っていると、いきなり「おしっこの量を測るよ!」という声がする。えっ?と思っていると、小便器のひとつになにやら液晶画面が設置されていた。

 これは、セガが開発し今秋に発売を開始するという「トイレッツ」というデジタルサイネージの一種だ。便器に取り付けられたセンサーがおしっこの流量を計測する(水滴の画像をスピードガンと同様な原理で分析して計算しているらしい)。その量を正面の画面に表示するのだが、セガが開発したので、それだけではない。量で占いをしたり、直前の人の量を記憶していてバトルをしたり、ゲームになっている。

 発売までには5種類くらいのゲームを用意したいと担当者は説明する。セガとしては、ゲーセンや居酒屋のトイレでのニーズがあるのではと期待する。

 画面には、店舗ごとの広告を表示することもできる。ゲーム要素が加わっているので、注目度や認知度は通常の看板やサイネージより高いといえる。さらに、設置した店舗や施設が、独自に広告媒体として活用してもよい。

 ちなみに、これで糖尿病などの健康管理はできないのか、と質問したところ「現在は流量しか計測していないので成分分析はできません。ただし、量だけの健康指標について大学と共同で研究をしています」との返事だ。まさに、サイネージとしては穴場と言えるかもしれない。

【Interop Tokyo 2011(Vol.13)】会場のトイレでびっくり!?――セガがゲーム機「トイレッツ」を設置

《中尾真二@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

    USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

  2. 「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

    「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

  3. 【昨日のまとめ】USJ『ファイナルファンタジー XRライド』&『モンハン・ザ・リアル』レポ、『PUBG』に蔓延るチート問題、『FGO』ジャンヌをフィギュア化…など(1/20)

  4. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  5. USJの『モンスターハンター・ザ・リアル』が半端なかったレポ!AR技術でハンターになってきました編~

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 『FGO』ジャンヌ・ダルク、気高き聖女をフィギュア化! 高潔、可憐な姿を1/7スケールで

  8. 『Fate』あたたかい日常と、美味しい食事... 「衛宮さんちの今日のごはん」最新PV公開&配信日決定

  9. 「余のメガネを見よ!」ネロ・クラウディウスをイメージした眼鏡が発売決定─「原初の火」をデザイン

アクセスランキングをもっと見る