人生にゲームをプラスするメディア

ジンガ、早ければ今週にも上場申請・・・ソーシャルゲーム世界最大手

ソーシャル・オンラインゲーム ソーシャルゲーム

SJ傘下の「All Things Digital」が、ソーシャルゲーム最大手のジンガが上場間近と報じ、各紙が後追いしています。

同紙によればジンガは今週もしくは遅くとも来週にはSEC(アメリカ証券取引委員会)に上場申請を行う意向の模様。幹事証券のひとつとしてゴールドマン・サックスを起用したようです。

ジンガの評価額は直近のラウンドでは100億ドル(約8000億円)とされています。

直近では19日に上場した、ビジネスに特化したソーシャルネットワークのLinkedInが売出価格を大幅に上回る株価を付けています。ジンガはグルーポンやフェイスブックに並んで今後の上場が期待される大型銘柄として注目されています。

ジンガは『CityVille』『FarmVille』を初めとして主にフェイスブックで多数のソーシャルゲームを提供する世界最大手。月間アクティブユーザーは2億5000万人を超え、レディー・ガガや映画「カンフーパンダ2」など大物とのタイアップも実現させています。詳しい業績は非公開ですが、昨年の売上高は8億5000万ドル、利益は4億ドルにもなると伝えられています。

ナンバーワンの座を確たるものにすべく相次いで買収を進めていて、過去12ヶ月で14件の買収を完了しています。日本でもウノウを買収し、ジンガジャパンとして事業を行っています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 『PUBG』新規パッチリリースは次回以降正式版まで行わず―日本サーバー登場も予告

    『PUBG』新規パッチリリースは次回以降正式版まで行わず―日本サーバー登場も予告

  2. スイッチ版『DOOM』の海外発売日が決定!―開発者インタビュー映像も公開

    スイッチ版『DOOM』の海外発売日が決定!―開発者インタビュー映像も公開

  3. 台湾産ホラーADV『返校 -Detention-』日本語版が配信決定―1960年代の文化を色濃く反映

    台湾産ホラーADV『返校 -Detention-』日本語版が配信決定―1960年代の文化を色濃く反映

  4. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  5. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

  6. 『PUBG』チーターのBANがついに32万人オーバー―直近24時間では約2万人のBANも

  7. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  8. PC『シムシティ 2000』が無料で配布中!クラシックな街作りシミュを今すぐゲット

  9. あの『平安京エイリアン』がSteamで配信、2つのアレンジモードを搭載して新たな体験も

アクセスランキングをもっと見る