人生にゲームをプラスするメディア

良質な海外インディーズゲームを日本のゲーマーに・・・「PLAYISM」オープン

その他 全般

良質な海外インディーズゲームを日本のゲーマーに・・・「PLAYISM」オープン
  • 良質な海外インディーズゲームを日本のゲーマーに・・・「PLAYISM」オープン
アクティブ・ゲーミング・メディアは、世界の独創的なインディーズゲームをローカライズして提供する「PLAYISM」をオープンしました。

現在、Amanita Designのアドベンチャーゲーム『マシナリウム』、Zachtronics Industriesのパズルゲーム『スペースケム』、Colibri Gamesのパズルゲーム『タイニーバン・ストーリー』が公開され、ダウンロード購入することができます。いずれも家庭用ゲーム機では中々お目にかかれないキラリと光る作品です。

東日本大震災へのチャリティ企画として『PLAYism FOR JAPAN』というパッケージ作品も公開されています。これは100円以上の価格をユーザーが自由に設定して購入できるもので、『コンティニュイティ』『ポト&カベンガ』『オサダ』という3つのカジュアルゲームが含まれています。各クリエイターの厚意で実現したものだとのこと。収益は全て日本赤十字社に贈られます。

また「PLAYISM」の大きな特徴となっているのがプロジェクトという仕組み。インディーズゲームでは小資本でゲーム作りを行っていくわけですが、どうしても費用は発生しています。そうした開発段階から資金をユーザーから集め、開発プロジェクト自体をサポートしてもらうという試みです。参加したユーザーは完成した際に様々な特典を受けることができます。現在はニューヨークと東京に拠点を置くPajamahouse Studiosの開発する『デズィ リーブス タウン』のプロジェクトが公開されています。

アクティブ・ゲーミング・メディアは大阪に拠点を置くゲームのローカライズやデバッグを専門とする会社ですが、業務を通じて海外の優れたインディーズゲームに触れ、日本ではまだ大きくないこの分野こそが、"ゲーム"の領域や可能性を広げるものではないかと確信に至ったとのこと。海外の優れたインディーズゲームを遊びやすい形で紹介して市場を生み出すと共に、日本国内のクリエイターを刺激し、自由で斬新な作品を生み出せる環境を作りたいとのことでした。

現在オープン記念で4週間に渡って合計800枚の50%オフクーポンをTwitterとFacebookで配布するとのこと。それぞれのクーポンは有効期限1週間で先着100人が使用できます。TwitterやFacebookをチェックするようにしてみてください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ボードゲーム版『バイオハザード2』Kickstarterが約1億円を調達、最終ストレッチゴールに向けてスパート

    ボードゲーム版『バイオハザード2』Kickstarterが約1億円を調達、最終ストレッチゴールに向けてスパート

  2. 【週刊インサイド】『FGO』のアンケートや特集に人気集中─「ロケット団」求人案内や『スプラトゥーン2』新ブキも注目必至

    【週刊インサイド】『FGO』のアンケートや特集に人気集中─「ロケット団」求人案内や『スプラトゥーン2』新ブキも注目必至

  3. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】俺の好きなゲームはクソゲーなんかじゃない!

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】俺の好きなゲームはクソゲーなんかじゃない!

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  6. 【漫画:ほんにゃかゲーム生活!】第4回 エイム力を上げていこう!コントローラーカスタムパーツ編

  7. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』シェルタータイプのブキなどの問題を修正、『PUBG』が韓国政界にて言及、今「スーパーマリオ」を全てプレイするにはいくらかかる?…など(10/20)

  8. 【昨日のまとめ】『FGO』「下総国ピックアップ2召喚」で40連、『Skyrim VR』発売日決定、『イナズマイレブン アレスの天秤』がスイッチ/PS4/スマホ向けにリリース…など(10/21)

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  10. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

アクセスランキングをもっと見る