人生にゲームをプラスするメディア

期待の“旧”ハード!木製ネオジオNeo Geo Consolized MVSが発売開始

その他 全般

期待の“旧”ハード!木製ネオジオNeo Geo Consolized MVSが発売開始
  • 期待の“旧”ハード!木製ネオジオNeo Geo Consolized MVSが発売開始
  • 期待の“旧”ハード!木製ネオジオNeo Geo Consolized MVSが発売開始
1台の筐体で複数のゲームが出来る業務用のハードウェアとして始まり、1990年から2004年ま高品質のアーケード移植タイトルを排出し続けたSNKのゲームハード「ネオジオ」。未だ国内外を問わずアーケードマニアなどから熱い支持を受ける本機ですが、海外ではなんと木製の“Neo Geo Consolized MVS”がAnalogue Interactiveより発売される事が発表されました。



外見からもわかる様に、本機の外面カバーは高品質なクルミの木のみで製造されており、艶の美しいウッドデザインがどんな部屋にも合いそうです。フォーマットは通常のネオジオと同じくコンポネント、S端子、コンポジットとRGBビデオに対応、内部メモリ用のリチャージバッテリーも搭載されています。



なお気になる価格は649ドルと、4月19日現在で日本円に換算して約53,000円。発売当時はネオジオ本体が58,000円、ソフトが平均20,000~30,000円だったことを考えれば、非常にリーズナブルな価格と言えるかも?海外への発送も行われているとのことなので、未だにネオジオで餓狼伝説やメタルスラッグを遊んでいるマニアの方は、ぜひゲットしてみてはいかがでしょうか。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

    【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

  2. 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

    【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

  3. 【TGS2017】試遊に実演も!アソビ溢れる「バンダイナムコエンターテインメント」ブースレポ

    【TGS2017】試遊に実演も!アソビ溢れる「バンダイナムコエンターテインメント」ブースレポ

  4. 【TGS2017】『モンスターハンター: ワールド』は長蛇の列!エアガンやVR体験まで幅広いカプコンブースレポート

  5. 【特集】『個性的な人外キャラクター』10選!ロボにケモノにバイクまで

  6. 東京ゲームショウに欠けたピースは埋まるのか?【オールゲームニッポン 第25回】

  7. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  8. 【TGS2017】遊びたいゲームはここにある、『モンハン』から『グランツーリスモ』まで!SIEブースレポート

  9. 「けものフレンズ」のラッキービーストが、手のひらサイズのソフビフィギュアで発売決定

  10. 【特集】『ゲームの女性ヘアスタイル』10選―また髪の話してる…

アクセスランキングをもっと見る