人生にゲームをプラスするメディア

原作追体験とゲームオリジナルミッションが多数楽しめる『ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~』6月23日発売

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~』の最新情報を公開しました。

ソニー PSP
ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~
  • ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~
  • ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~
  • ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~
  • ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~
  • ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~
  • ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~
  • ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~
  • ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~』の最新情報を公開しました。



『ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~』は、3機のMSを切り替えながら戦う、タクティカルチェンジアクションゲーム。『機動戦士ガンダムUC』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』、『機動戦士ガンダムOO -A wakening of the Trailblazer-』をはじめ、「機動戦士ガンダム」「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」「機動新世紀ガンダムX」など、多数のガンダム作品が収録されています。



ゲームモードとしては、『機動戦士ガンダムUC』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』、『機動戦士ガンダムOO -A wakening of the Trailblazer-』の原作ストーリーを追体験できる「シチュエーションモード」と、ポイントを使用してランダムに出現するゲームオリジナルミッションをクリアしていく「ミッションモード」の、2つのモードを搭載しています。



戦闘では最大3機のMSをセットして挑むことが可能。“接近タイプ”“射撃タイプ”“スピードタイプ”など、異なる特色のMSを、状況にあわせて切り替えるのが戦闘のカギとなります。



そして気になる参戦機体をご紹介します。

■参戦機体
「ダブルオークアンタ」(接近タイプ)
「アリオスガンダム」(スピードタイプ)
「ケルディムガンダム」(射撃タイプ)
「ダブルオーライザー」(接近タイプ)
「ユニコーンガンダム」
「ユニコーンガンダム(デストロイタイプ)」(接近タイプ)
「クシャトリヤ」(射撃タイプ)
「デスティニーガンダム」(接近タイプ)
「ストライクフリーダムガンダム」(射撃タイプ)
「ガンダム」(接近タイプ)
「Zガンダム」(スピードタイプ)
「νガンダム」(射撃タイプ)
「ガンダムDX」(接近タイプ)
「WガンダムゼロEW」(スピードタイプ)



『ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~』は、2011年6月23日発売予定で価格は6,279円(税込)です。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送
《冨岡晶》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』新イベントで「グゥオパァー」が話題沸騰!会話背景で自由気ままに行動―旅人達をメッロメロに

    『原神』新イベントで「グゥオパァー」が話題沸騰!会話背景で自由気ままに行動―旅人達をメッロメロに

  2. 「PS5」の販売情報まとめ【9月27日】─「ゲオ」が新たな抽選受付を開始、『鬼滅の刃』セットも用意

    「PS5」の販売情報まとめ【9月27日】─「ゲオ」が新たな抽選受付を開始、『鬼滅の刃』セットも用意

  3. リメイク版『月姫』を遊んでおきたい3つの理由ー「タイトルだけ知ってる」で終わらせるには、あまりにも惜しい…!

    リメイク版『月姫』を遊んでおきたい3つの理由ー「タイトルだけ知ってる」で終わらせるには、あまりにも惜しい…!

  4. Amazonにて『グランツーリスモ7』予約開始─2022年3月4日発売、サントラなどが付属する数量限定版も登場

  5. 『原神』一番欲しい稲妻キャラは誰?1,800人以上が選んだ投票結果―1位はダントツの800票超え!

  6. 『モンハン:ワールド』俺たちの相棒「受付嬢」のかわいい姿を見よう! “全DLC衣装”でじっくり楽しむ受付嬢フォトコレクション【ワールド編】

  7. 『テイルズ オブ アライズ』絢香さんが名曲「Hello, Again~昔からある場所~」 をカバー!新CMを先行公開

  8. 『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』9月24日発売決定!“キムタクが如く”こと『ジャッジアイズ』の続編―新たな舞台は「横浜」

  9. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  10. 『L4D』開発元の新作ゾンビFPS『バック・フォー・ブラッド』4日早く遊べる“限定版”が発売決定!

アクセスランキングをもっと見る