人生にゲームをプラスするメディア

『Halo: Reach』追加マップパック第2弾「Defiant Map Pack」3月配信

マイクロソフト Xbox360

Halo: Reach
  • Halo: Reach
  • Halo: Reach
  • Halo: Reach
  • Halo: Reach
  • Halo: Reach
  • Halo: Reach
  • Halo: Reach
  • Halo: Reach
マイクロソフトは、Xbox360ソフト『Halo: Reach』の追加マップパック第2弾「Defiant Map Pack」を3月に配信すると発表しました。

2010年9月15日に発売され、現在もマルチプレイ対戦が盛り上がり続けている『Halo: Reach』。今回配信されるコンテンツ「Defiant Map Pack(ディファイアント マップ パック)」は、「Noble Map Pack(ノーブル マップ パック)」から続く第2弾マップパックで、2つのマルチプレイ用マップと1つのファイアファイト用マップ、150ポイント分の追加実績が収録されています。

■Condemned(コンデムド)



惑星リーチ軌道上に存在する、巨大軌道ステーション“ガンマ”。コブナントによる激しい侵攻を受け崩壊の一途を辿っているが、一部の要塞エリアは攻撃を免れ加圧状態が維持されている。6~12人用のマップ。Team Slayer、Team Objective、Free for Allなどのゲームタイプ向き。

■Highlands(ハイランド)



惑星リーチに存在するスパルタンの極秘軍事訓練施設。森の奥深くに存在するこの巨大な施設は、リーチ攻防戦においても重要な戦闘が繰り広げられた。8~18人用のマップ。Big Team Battle、Team Slayer、Team Objectiveなどのゲームタイプ向き。

■Unearthed(アンアースド)



廃墟と化したチタンの採掘・精製を行う民間施設。大規模なこの施設で精製されたチタンはUNSCの武器や装備、ワートホグの車体や戦艦オータムの船体に使用された。Firefight、Generator Defense向けのマップ。最大4人までプレイ可能。

「Defiant Map Pack」は3月に配信予定で、価格は800マイクロソフトポイントとなっています。

『Halo: Reach』は、好評発売中で価格は7,140円(税込)です。

(C) 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Halo, the Halo logos, the Microsoft Game Studios logo, Xbox, Xbox LIVE, the Xbox logos, and Xbox 360 are trademarks of the Microsoft group of companies.
《石元修司》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. レア社の名作30本をセットにした『Rare Replay』8月6日発売…『バンジョーとカズーイ』3作品など

    レア社の名作30本をセットにした『Rare Replay』8月6日発売…『バンジョーとカズーイ』3作品など

  2. 『マインクラフト』Win 10/モバイル/XB1/スイッチ/VR版がクロスプレイに対応へ

    『マインクラフト』Win 10/モバイル/XB1/スイッチ/VR版がクロスプレイに対応へ

  3. 【TGS2016】『ハッピーダンジョン』まさに“桁違い”のダメージを叩き出すハック&スラッシュRPGは、「みんなでわちゃわちゃと楽しめる」一作に

    【TGS2016】『ハッピーダンジョン』まさに“桁違い”のダメージを叩き出すハック&スラッシュRPGは、「みんなでわちゃわちゃと楽しめる」一作に

アクセスランキングをもっと見る