人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコゲームス、癒しキャラ“リラックマ”の電子辞書を発売

その他 全般

リラックマ 電子辞書 リラックマ 電子辞書
  • リラックマ 電子辞書 リラックマ 電子辞書
  • 天板にあしらわれたリラックマ 天板にあしらわれたリラックマ
 バンダイナムコゲームスは、リラックマの世界観をイメージした電子辞書「リラックマ 電子辞書」を発表。9日12時から同社直販サイト「「LaLaBit Market(ララビットマーケット)」で予約受付を開始する。初回生産分は3月下旬の出荷を予定。価格は39,800円。

 同製品は、人気の癒しキャラクター“リラックマ”をモチーフに、本体にはリラックマカラー、天版にはフェイステーマを施したオリジナルモデル。セイコーインスツルの電子辞書「SR-G6001M」をベースに、「ジーニアス英和大辞典」などの辞書や名刺ビューアーを搭載。起動画面や起動アニメーションにもリラックマのオリジナルコンテンツを搭載し、検索画面では12種類のオリジナル画像を背景に選べる。

 搭載される辞書は、デジタル大辞泉/新漢語林/ジーニアス英和大辞典/プログレッシブ和英中辞典/オックスフォード現代英英辞典/わがまま歩き旅行会話/Dr.PASSPORT/海外でメニューがわかる本など。そのほか、説得できる英文Eメール 200 の鉄則、経済新語辞典、金融用語辞典など実務にも役立つコンテンツを搭載する。

 また、辞書機能の以外に「MP3プレーヤー」、「名刺ビューアー」、7カ国語の会話集を収録した「Voice ネイティブ機能」なども搭載。辞書や機能などにも全30種類のリラックマオリジナル初期画面を用意する。

 ディスプレイは4型モノクロ液晶、解像度は640×480ピクセル。内蔵メモリは128MBで、SDメモリーカードにも対応。バッテリはリチウムイオン充電池。本体サイズは、幅116.2×高さ11~19.5×奥行き78.2mm。重さは約152g。USB ケーブル/ステレオイヤホン/ACアダプタなどが付属する。
《H14@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

    『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  2. 【昨日のまとめ】『FGO』アビゲイルより筋力が低いサーヴァント5選、『スーパーロボット大戦X』3月29日発売決定、PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ…など(12/11)

    【昨日のまとめ】『FGO』アビゲイルより筋力が低いサーヴァント5選、『スーパーロボット大戦X』3月29日発売決定、PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ…など(12/11)

  3. 【アナログゲーム決死圏】第1回 アナログゲームってなんだ?ボードゲームやTRPGなど、その種類と魅力を解説

    【アナログゲーム決死圏】第1回 アナログゲームってなんだ?ボードゲームやTRPGなど、その種類と魅力を解説

  4. 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選

  5. すべてが繋がるネオ・ノワールADV『Living Dark』ティーザー映像!

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 【何なのだ、これは!】鬼才、ヨコオタロウ氏が手掛けたゲーム作品まとめ【どうすればいいのだ?!】

  8. 【速報】『FGO』新作アニメは奈須きのこ脚本「Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-」

  9. 『ロックマンX』シリーズの「ゼロ」がねんどろいどに!ゼットセイバーは刀身の異なる2パーツを採用

  10. 『ボク姫PROJECT』クリスマス特別RTキャンペーン開催!あなただけに宛てたメッセージカードをプレゼント

アクセスランキングをもっと見る