人生にゲームをプラスするメディア

3DSには負けない……iPod touchの「ゲーム機としての優位性」をアップル担当者が語る

その他 全般

アップルiPod touchのゲーム戦略 2月発売予定の「Resident Evil vs. Mercenaries」(バイオハザード)
  • アップルiPod touchのゲーム戦略 2月発売予定の「Resident Evil vs. Mercenaries」(バイオハザード)
  • 「Resident Evil vs. Mercenaries」 「Resident Evil vs. Mercenaries」
  • 「Resident Evil vs. Mercenaries」 「Resident Evil vs. Mercenaries」
  • こちらも2月発売予定の「Devil May Cry 4」 こちらも2月発売予定の「Devil May Cry 4」
  • 「Devil May Cry 4」 「Devil May Cry 4」
  • 「Devil May Cry 4」 「Devil May Cry 4」
  • AR(拡張現実)のシューティングゲーム「Star Wars Falcon Gunner」 AR(拡張現実)のシューティングゲーム「Star Wars Falcon Gunner」
  • 「Star Wars Falcon Gunner」。銀座の中心で宇宙戦争の雰囲気を楽しむ 「Star Wars Falcon Gunner」。銀座の中心で宇宙戦争の雰囲気を楽しむ
 1月20日に「ニンテンドー3DS」の予約受付が開始され、瞬時に予約数に達したのは記憶に新しいところ。また、1月27日にはソニーが新世代PSPとなる3G対応・マルチタッチ画面の「NGP」を発表。ここへ来て、がぜん携帯ゲーム機市場は盛り上がりをみせている。

 そんな中、米アップルのiPod担当者2名がそろって来日。「携帯ゲーム機としてのiPod touch」を熱っぽく語った。話を聞いたのは、スタン・イング氏(ワールドワイドプロダクト マーケティング iPod担当シニア・ディレクター)、ショーン・エリス氏(ワールドワイドプロダクト マーケティング iPod担当)の両名だ。

 むろん、iPod touchは純粋なゲーム端末ではなく、音楽・動画・webも楽しめる総合メディアプレーヤーと考えるべきだろう。一方、App Store上のアプリは35万点以上あり、数多くのゲームが存在する。そうした事情を鑑みると、iOSデバイス(iPod touch、iPhone、iPad)にとって「ゲーム」が欠かせない一大要素となっているのも事実だ。

 iPod touchの携帯ゲーム機としての優位性について、まずはイング氏が口火を切った。氏によれば、高速処理を可能にするA4チップ、快適な操作を可能にするiOSといったベーシックな部分はもとより、他ゲーム機に比べて非常にコンパクトで、携帯性に優れている点を強調。傍らに置いたニンテンドーDSiと実際に大きさを比較しながら「こんなに小さい。3DSもDSiと同じぐらいの大きさだ」と示した。

 そのほか、ハード面のストロングポイントとして挙げたのが、960×640ピクセルの解像度を誇るRetinaディスプレイだ。ここでもニンテンドー3DSを引き合いに出し、「ざっとニンテンドー3DSより3倍も大きい解像度になる」と説明。3DSの場合、立体視ゲームではさらに解像度が低くなるとし、高精細なディスプレイでゲームを堪能できる点をアピールした。

 アプリ面では、App Storeにおける豊富なゲームタイトルの数、無料もしくは低価格での提供、カートリッジに縛られず、好きな場所でダウンロードできる自由度を挙げた。これまでアップルのイベントでも押し出してきたポイントではあるが、改めて「多くのアプリは無料。それに管理もしやすい」と強調。また、iOSデバイス向けに統合的な開発を行なえるのも利点とし、この点はAndroidデバイスとも差別化を図ることができていると述べた。

 続くエリス氏は、カプコンが2月にリリースする「Resident Evil vs. Mercenaries」(バイオハザード)、「Devil May Cry 4」(デビルメイクライ)などを実際にデモ。ほかに、AR(拡張現実)を利用した「Star Wars Falcon Gunner」、ジャイロ&加速度センサーをフルに活用できるモーションゲームの「Bop It!」、グラフィックがきれいな「Infinity Blade」、BluetoothやWi-Fiで通信して対戦レースが可能な「Asphalt 6」などを次々に紹介した。ちなみに、これから発売するゲームを除き、紹介したゲームの価格は高くても700円だ。

 最後に「任天堂とソニーの牙城である日本のゲーム市場はハードルが高いのでは?」との質問をイング氏にぶつけてみたところ、「現在、世界に出回っているiOSデバイスは1億6千万台。それら圧倒的な台数に加え、革新的テクノロジーで十分に対抗できる。今では、App Storeに日本の大手ゲームメーカーも参入してきているのだから」との自信をのぞかせた。
《小口@RBBTODAY》

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】『FGO』不具合修正アップデートに注目が―『ポケモン サン・ムーン』『スプラトゥーン2』など定番タイトルの動向も見逃すな

    【週刊インサイド】『FGO』不具合修正アップデートに注目が―『ポケモン サン・ムーン』『スプラトゥーン2』など定番タイトルの動向も見逃すな

  2. MRデバイス「HoloLens」で現実に飛び出した2Dマリオがすごい…!

    MRデバイス「HoloLens」で現実に飛び出した2Dマリオがすごい…!

  3. 固すぎると有名な「あずきバー」をかき氷にできるマシンが登場!開発には相当の苦労が…

    固すぎると有名な「あずきバー」をかき氷にできるマシンが登場!開発には相当の苦労が…

  4. 8bitドットのロックマンTシャツが「しまむら」に登場!チャージショットを放つロックマンをデザイン

  5. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  6. 大盛況だった「A 5th Of BitSummit」フォトレポ―出展者も来場者も熱量がすごい!

  7. 「初音ミク」などの痛車120台が集結! 奥伊吹にて5月28日に実施─昨年は『スプラトゥーン』の痛車も

  8. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】積みゲーをなくす「さしすせそ」

  9. モザイクだらけの『限界凸城 キャッスルパンツァーズ』ティザーサイト公開、10万クリックを突破すると…!?

  10. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

アクセスランキングをもっと見る