人生にゲームをプラスするメディア

ファイル共有ソフトによる著作権法違反で、全国50ヶ所が捜索される

不正商品対策協議会によると、警視庁など全国23の都道府県警察は、ファイル共有ソフトによる著作権法違反について、1月11日~14日に集中一斉取締りを実施。全国で50ヶ所を捜索し、18人を逮捕しました。

その他 全般
不正商品対策協議会によると、警視庁など全国23の都道府県警察は、ファイル共有ソフトによる著作権法違反について、1月11日~14日に集中一斉取締りを実施。全国で50ヶ所を捜索し、18人を逮捕しました。

ゲーム関連のものでは、愛知県碧南市に住む42歳の無職男性が共有ソフト「Share」を使い、Wiiソフト『SDガンダム ガシャポンウォーズ』、PSPソフト『GOD EATER BURST』などを共有。兵庫県相生市に住む34歳の会社員が同じく「Share」でWiiソフト『戦国BASARA 3』などを共有していました。

その他にもアニメ、コミック、映画、ビジネスソフトなどが著作権を侵害する形でファイル共有されており、25歳~58歳の男性が18人逮捕されています。逮捕者の職業を見ると、アルバイト、タクシー運転手、会社員、自営業、調理師などさまざまで、ファイル共有ソフトを使った著作権侵害が、業種に関係なく行われていることがわかります。

各自が著作権に対する意識をもっと強める必要がありそうです。
《D》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】「PS5」抽選倍率、依然高し─『ゼルダ無双 厄災の黙示録』と『BotW』の街並み比較にも関心集まる

  2. 『Ghost of Tsushima』の舞台・対馬にある大鳥居が台風で倒壊、その再建を目指すクラウドファンディングに全国の「境井仁」たちも参加

  3. 抽選倍率約50倍に及んだPS5をゲオのバイヤーはどう見ているのか─次世代機がもたらす未来と、“転売”&“DL販売”で変化する中古市場の行方【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る