人生にゲームをプラスするメディア

【ゲームニュース一週間】LDゲームに見る文化の保存

その他 全般

【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
懐かしいゲームのDSiウェア版が話題となりました。

Digital LeisureはDSiウェア『SPACE ACE』を北米にて配信しています。同作は1984年に北米で発表されたLD(レーザーディスク)ゲーム。予めLDに収録したアニメーション映画を再生、画面の指示通りにレバーやボタンを押すと物語が展開していきます。

いわば「自分で操作できるアニメーション映画」。『シェンムー』『ゴッド・オブ・ウォー』『Heavy Rain』『ベヨネッタ』などで採用されているQTEシステムの前身です。日本にもある程度の数が輸入されていたようで、ゲームセンターの片隅で見たことのある人も多いのではないでしょうか。

かつてLDゲームといえば、家庭用ゲーム機への移植が望めないタイトルの最右翼でした。大型のアップライト筐体に収納されていたLDゲームがダウンロードタイトルとして手軽に手に入るのですから隔世の感があります。技術の進歩というのは劇的なものであることがわかります。

LDゲームは過渡期のキメラ的な技術。「コンピューター(ゲーム機)の処理能力が足りない中で、いかにして美しい画面を実現するか」という制約の中に生まれた工夫です。

現在『大神』『Castle Crashers』『killer7』『MAD WORLD』『A Boy and His Blob』など手描き風CGのゲームが増えています。LDゲームは手描き風CGのゲームの先祖といっても過言ではないでしょう。

アートスタイルが手描き風CGに、システムがQTEに受け継がれたLDゲームですが、原典を保存しておくことは歴史的な意味でも役立ちます。また、現世代のクリエイターがLDゲームから新たなインスピレーションを得る可能性もあります。

単純に商業的な利益のみを追い求めるのではなく、時代の保存としてのダウンロードタイトル化が進むことで、ゲームの文化としての成熟度は増していくのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

    【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  3. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  4. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  5. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case08「対立」

  6. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case09「奪還・前編」

  7. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  8. どのシチュが好み?「#イーブイとデートなうに使っていいよ」が開催中―抽選50名にしっぽクッション、内1名はイーブイが直接手渡し!

  9. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case01「異常な博士の愛情」

アクセスランキングをもっと見る