人生にゲームをプラスするメディア

【ゲームニュース一週間】LDゲームに見る文化の保存

その他 全般

【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
  • 【ゲームニュース一週間】-LDゲームに見る文化の保存
懐かしいゲームのDSiウェア版が話題となりました。

Digital LeisureはDSiウェア『SPACE ACE』を北米にて配信しています。同作は1984年に北米で発表されたLD(レーザーディスク)ゲーム。予めLDに収録したアニメーション映画を再生、画面の指示通りにレバーやボタンを押すと物語が展開していきます。

いわば「自分で操作できるアニメーション映画」。『シェンムー』『ゴッド・オブ・ウォー』『Heavy Rain』『ベヨネッタ』などで採用されているQTEシステムの前身です。日本にもある程度の数が輸入されていたようで、ゲームセンターの片隅で見たことのある人も多いのではないでしょうか。

かつてLDゲームといえば、家庭用ゲーム機への移植が望めないタイトルの最右翼でした。大型のアップライト筐体に収納されていたLDゲームがダウンロードタイトルとして手軽に手に入るのですから隔世の感があります。技術の進歩というのは劇的なものであることがわかります。

LDゲームは過渡期のキメラ的な技術。「コンピューター(ゲーム機)の処理能力が足りない中で、いかにして美しい画面を実現するか」という制約の中に生まれた工夫です。

現在『大神』『Castle Crashers』『killer7』『MAD WORLD』『A Boy and His Blob』など手描き風CGのゲームが増えています。LDゲームは手描き風CGのゲームの先祖といっても過言ではないでしょう。

アートスタイルが手描き風CGに、システムがQTEに受け継がれたLDゲームですが、原典を保存しておくことは歴史的な意味でも役立ちます。また、現世代のクリエイターがLDゲームから新たなインスピレーションを得る可能性もあります。

単純に商業的な利益のみを追い求めるのではなく、時代の保存としてのダウンロードタイトル化が進むことで、ゲームの文化としての成熟度は増していくのではないでしょうか。
《水口真》

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】任天堂がニンテンドウ64コントローラーの商標を出願、『スプラトゥーン2』「サーモンラン」募集時間やアンケート実施など(7/21)

    【昨日のまとめ】任天堂がニンテンドウ64コントローラーの商標を出願、『スプラトゥーン2』「サーモンラン」募集時間やアンケート実施など(7/21)

  2. 『名探偵コナン』の「犯人」になりきれる変身コスチュームが登場、誰が着ても怪しすぎる…!

    『名探偵コナン』の「犯人」になりきれる変身コスチュームが登場、誰が着ても怪しすぎる…!

  3. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  4. 【Inside Of Company】「お洒落すぎる」と話題の株式会社アカツキを見学、受付から想像を超えた世界が……!

  5. AC向けレースゲーム『SEGA World Drivers Championship』のロケテスト実施を発表、全国10人対戦を実現

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』現時点の情報まとめ―発売日や参戦キャラクターは?

  8. 【姫子さんのゲーム本能寺!】第63話:RPGで2軍落ちしたアラサー女戦士、ドーピングアイテムを使う

  9. 「古事記」がラノベに!?日本の神様が活躍する和風ファンタジー作品「日本の神様とはじまりの物語」発売決定

  10. 丸すぎて可愛すぎる! ファンメイドの「おだいふくなカービィ」ぬいぐるみが抱きしめたいキュートさ─「いいね」3万5千超え

アクセスランキングをもっと見る