人生にゲームをプラスするメディア

「またこの人のゲームが見たい」「アメリカへ来て」 ― 稲船氏カプコン退社への海外の声

ゲームビジネス 人材

【TGS 2010】稲船氏「たぶん今年も日本のゲームは死んでいる」・・・CAPCOM×TGS2010(1)
  • 【TGS 2010】稲船氏「たぶん今年も日本のゲームは死んでいる」・・・CAPCOM×TGS2010(1)
稲船氏退社のニュースは海外にも衝撃を与えているようです。

『ロックマン』など名作ゲームの父である稲船敬二氏がカプコンを退社する意向を明らかにしましたが、海外ではどのように受け止められているのでしょうか。

CVG、Develop、EDGE、MCVなど様々な海外メディアがこのニュースを取り上げています。

「カプコンの伝説であるケイジ・イナフネが月末にカプコンでの仕事を辞める」(CVG)
「『ロックマン』のクリエイターであり23年間カプコンに勤めたベテランのケイジ・イナフネはその地位を去るが、そこにはやれることは全てやったという感慨があるようだ」(Gamasutra)

稲船氏の退社には様々なコメントが寄せられています。
「イナフネサンに幸運を。また彼のゲームとどこかであえることを期待してる」
「私はイナフネが好きだ。彼はグラスホッパー・マニュファクチュアと組んで日本のゲーム界を救うべきだ」
「日本の開発者が西洋からの関心を見ているのは興味深い。それは新しい種類のゲームが勃興することではないのか」
「プラチナゲームズに入って欲しいね」
「僕がカプコンと聞いて真っ先に思い浮かべる男が去った」
「アメリカへ移って、Activisionかどこかに来て欲しい」
「子供の頃、『ロックマン』シリーズは私にトライアンドエラーの価値を教えてくれた。あなたも学んでください」
「さようなら、Mr.イナフネ。彼を思いながら『ロックマン』シリーズを続けて遊ぶよ」

退社を惜しむ声、そして新たな出発を願う声が非常に多く見られ、稲船氏の仕事がいかに多くの人に感銘を与えたかが分かります。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  2. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

    「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  3. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

    【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  4. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

  5. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

  10. ゲーム開発の民主化と全人類プログラマー化計画!? Unityとenchant.jsが直接対面した黒川塾リポート

アクセスランキングをもっと見る