人生にゲームをプラスするメディア

スーパーマリオ25周年仕様のニンテンドーDSを開封してみた

任天堂より10月28日に発売した「ニンテンドーDSi(スーパーマリオ25周年仕様)」と「ニンテンドーDSi LL(スーパーマリオ25周年仕様)」を買ってきましたので、早速開封しましたよ。

その他 全般
ニンテンドーDSi & ニンテンドーDSi LL
  • ニンテンドーDSi & ニンテンドーDSi LL
  • ニンテンドーDSi & ニンテンドーDSi LL
  • ニンテンドーDSi & ニンテンドーDSi LL
  • ニンテンドーDSi & ニンテンドーDSi LL
  • ニンテンドーDSi & ニンテンドーDSi LL
  • ニンテンドーDSi & ニンテンドーDSi LL
  • ニンテンドーDSi & ニンテンドーDSi LL
  • ニンテンドーDSi & ニンテンドーDSi LL
任天堂より10月28日に発売した「ニンテンドーDSi(スーパーマリオ25周年仕様)」と「ニンテンドーDSi LL(スーパーマリオ25周年仕様)」を買ってきましたので、早速開封しましたよ。


SUPER MARIO BROS. 25th Anniversary


真っ赤なパッケージ


「ニンテンドーDSi(スーパーマリオ25周年仕様)」はセブンイレブン専売、「ニンテンドーDSi LL(スーパーマリオ25周年仕様)」は全国のゲームショップで販売。前者はセブンイレブンだけの販売となっているので後者より数が少なさそうです。

パッケージ表パッケージ裏
マリオとピーチ姫お馴染みのアイテムたちも


まずは「ニンテンドーDSi LL(スーパーマリオ25周年仕様)」から。ニンテンドーDSi LLの限定本体は『ラブプラス+』の3種に続く4台目。任天堂からは初の限定仕様の本体デザインとなっています。

赤と黒のツートンカラー蓋にはアイテムの刻印が
裏は黒色開くと真っ赤なボディ


このニンテンドーDSi LLは、本体下側が黒色になっており、実はツートンカラーなんです。ニンテンドーDS Liteの時も人気の高かったカラバリですね。蓋の部分にはスーパーキノコ、ファイアフラワー、スーパースターの刻印があります。限定版ならではのデザイン。

パッケージ表パッケージ裏
アイテムの姿は無しマリオとピーチ姫はいます


続いては「ニンテンドーDSi(スーパーマリオ25周年仕様)」。パッケージはドット絵で描かれたキャラクターがたくさん存在し、にぎやかなデザインとなっています。

ドットマリオの刻印入り本体裏は黒ではありません
完全に真っ赤なDSレンズの上でマリオがジャンプ


本体はニンテンドーDSi LLとは異なり、本来裏も赤で統一。通常に市販されている「レッド」に近いカラバリですね。「レッド」は手元にないので比較できませんが、もしかしたら色の濃さがちょっと違うかもしれません。
(もしお持ちの方いましたら見比べてみてください)



5年前、スーパーマリオ20生誕周年の時はゲームボーイミクロのファミコンバージョンが発売されました。海外でもゲームボーイミクロは発売されましたが、ファミコンバージョンはいわゆるNESのデザインではなく、日本と同じデザインでした。クラブニンテンドーの景品で2Pバージョンのフェイスプレートも用意されるなどがありましたね。



ゲームボーイミクロでは本体裏にロゴが刻印されていましたが、今回はロゴの刻印は無し。キャラクターの刻印がシンプルにデザインされた程度に。

日本同様、海外でもスーパーマリオ25周年仕様のニンテンドーDSi XLが発売されますね。そちらはデザインこそ同じですが、同梱されているゲームソフトがあるなどの違いがあります。北米では『マリオカートDS』が、欧州では『New スーパーマリオブラザーズ』が同梱されます。

また、11月11日には「Wii(スーパーマリオ25周年仕様)」が発売されます。マリオファンの方は記念にどれか買ってみるのもいいかもしれませんね。
《》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. νガンダムはやっぱり伊達じゃない!「解体匠機」で君の家の一角がラー・カイラムに【おもちゃショー2019】

    νガンダムはやっぱり伊達じゃない!「解体匠機」で君の家の一角がラー・カイラムに【おもちゃショー2019】

  2. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』の続編が開発中! ゼルダやリンクの姿をちょい見せ【E3 2019】

  4. コミケ準備会、通行証をオークションに出品したサークルを公開…今後参加禁止に

  5. このザク……動くぞ!?ガンダムで学ぶプログラミング「ジオニックテクニクス」【おもちゃショー2019】

アクセスランキングをもっと見る

1