人生にゲームをプラスするメディア

「裸眼3Dビジネス」をベンチャー企業が活性化、5年後には約486万台が出荷……シードP調べ

その他 全般

裸眼3Dディスプレイの企業規模別/サイズ別製品数 裸眼3Dディスプレイの企業規模別/サイズ別製品数
  • 裸眼3Dディスプレイの企業規模別/サイズ別製品数 裸眼3Dディスプレイの企業規模別/サイズ別製品数
  • 2015年の裸眼3D対応製品の出荷台数(国内)予測 2015年の裸眼3D対応製品の出荷台数(国内)予測
  • 2015年の製品別裸眼3D搭載率予測(国内) 2015年の製品別裸眼3D搭載率予測(国内)
 シード・プランニングは31日、裸眼3Dビジネスの最新動向と市場展望に関する調査結果を公表した。6月1日~8月10日の期間、訪問取材およびオープンデータ調査を行ったもの。

 裸眼3Dディスプレイメーカーおよびベンダーに調査を行い、現状の製品動向、参入動向、市場動向等をまとめるとともに、2015年の裸眼3D市場の規模を予測した。調査対象企業は旭エレクトロニクス、NHK放送技術研究所、NTTコムウェア、KDDI、VMJ、大日本印刷、デジタルアミューズ、シャープ、ゼロユニット、ニューサイトジャパン、日本サムスン、任天堂、ピュアデプスの13社。参考個票は東芝モバイルディスプレイ、ティ・アンド・ティ・エス、マレインソフトウェア、レッツ・コーポレーションの4社。

 今回調査を行った裸眼3Dディスプレイの国内メーカー(代理店を含む)17社のうち8社がベンチャー企業で、17社の扱う92製品中、ベンチャー企業が扱う製品数は69製品(75%)と、他の新興市場同様に、ベンチャー企業の活躍が目覚しことが判明した。また、2015年の裸眼3D対応製品の出荷台数は、携帯電話と家庭用ゲーム機(ポータブル型)がもっとも多く、各150万台。続いて、デジタルカメラ50万台、パチンコ・パチスロとデジタルフォトフレームが各45万台、テレビと電子辞書が各20万台という予測になった。

 3D全体における裸眼3Dの割合は、テレビが4.8%の20万台、テレビ以外の製品は裸眼3Dの割合が100%となり「3D=裸眼3D」となると予測される。2015年の裸眼3D搭載比率の高い機器ベスト5は、「家庭用ゲーム機(ポータブル型)」「デジタルキオスク」が1,2位、「電子辞書/パチンコ・パチスロ/デジタルフォトフレーム」が同率3位となる見込み。
《冨岡晶@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『FGO』「下総国ピックアップ2召喚」で40連、『Skyrim VR』発売日決定、『イナズマイレブン アレスの天秤』がスイッチ/PS4/スマホ向けにリリース…など(10/21)

    【昨日のまとめ】『FGO』「下総国ピックアップ2召喚」で40連、『Skyrim VR』発売日決定、『イナズマイレブン アレスの天秤』がスイッチ/PS4/スマホ向けにリリース…など(10/21)

  2. 【特集】「歴史に埋もれたカルトなB級FPS」10選

    【特集】「歴史に埋もれたカルトなB級FPS」10選

  3. 【特集】『貧乳ゲームキャラ』15選

    【特集】『貧乳ゲームキャラ』15選

  4. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】俺の好きなゲームはクソゲーなんかじゃない!

  5. 【レポート】クトゥルフTRPGを現実世界で再現したLARP「生贄たちの挑戦」でSAN値減少 ― 空間、物、奇声、怪物、結末、その全てがリアルだった

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 【アナログゲーム決死圏】第4回:ミニチュアゲームの始め方…体験方法からオススメのタイトルまで

  8. 最新作『新甲虫王者ムシキング』ロケテレポ!進化した筐体やバトルシステムをチェック

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. 海外ファンが描いたアニメ風『ゼルダの伝説』

アクセスランキングをもっと見る