人生にゲームをプラスするメディア

ヤマハ、3D対応シアターラックシステム……ゲーム音声でスクウェア・エニックスと協力

その他 全般

3D、ホームシアター、ヤマハ ホームシアターシステム「POLYPHONY」の新製品の利用イメージ(テレビは別売)
  • 3D、ホームシアター、ヤマハ ホームシアターシステム「POLYPHONY」の新製品の利用イメージ(テレビは別売)
  • YRS-2100/1100のすっきりした配線(左)と壁寄せ(右)のイメージ YRS-2100/1100のすっきりした配線(左)と壁寄せ(右)のイメージ
  • 「YRS-2100」の各部詳細 「YRS-2100」の各部詳細
  • 「YRS-1100」の各部詳細 「YRS-1100」の各部詳細
  • 「YRS-2100」ブラック 「YRS-2100」ブラック
  • 「YRS-1100」アーバンブラウン 「YRS-1100」アーバンブラウン
  • 「YRS-700」の各部詳細 「YRS-700」の各部詳細
  • 「YRS-700」のコーナーカットデザイン 「YRS-700」のコーナーカットデザイン
 ヤマハは31日、ホームシアターシステム「POLYPHONY」(ポリフォニー)の新製品として、3D映像伝送と音響創成技術「シネマDSP」の搭載で映像と音の2つから立体的な臨場感を生み出す「YRS-2100」「YRS-1100」「YRS-700」の3製品を発表。価格はオープン。

 YRS-2100は65型までのテレビに適し、10月下旬から発売、予想実売価格は130,000円前後。YRS-1100は50型までのテレビに適し、10月下旬から発売、予想実売価格は100,000円前後。YRS-700は42型までのテレビに適し、9月下旬から発売、予想実売価格は80,000円前後。

 3製品は、3Dテレビや3D再生対応のAV機器と接続し、3Dの立体映像を楽しめる3D映像伝送に対応したHDMI端子を搭載するシアターラックシステム。HDMI端子はオーディオリターンチャンネルにも対応し、地上デジタル放送など、テレビ側からの音声出力用に別途光ケーブルを接続する必要がなく、テレビとアンプ間をHDMIケーブル1本でシンプルに配線できる。

 YRS-2100/1100には、視聴ジャンルにあった理想の音場空間をリビングに広げる同社の独自技術「シネマDSP」を搭載。同技術のなかでも「ゲームモード」の音場は、スクウェア・エニックスとの技術交流により、あらゆるシーンで印象的に演出されるBGMや効果音、セリフがさらに臨場感を高めるという。

 また、3製品とも、電子番組表と連動する「おまかせサラウンド」を装備。ジャンルコードから常にふさわしいサウンドでコンテンツを楽しめる。加えて、Blu-rayディスクが採用し、ドルビーやDTSが提唱しているHDオーディオ規格に対応する。

 YRS-2100/1100は、専用設計YSPスピーカーを内蔵。音のビームを壁面反射させ、リアリティに満ちた深みのある7.1chサラウンド再生を本体1台のみで生み出すという。一方のYRS-700には、定位感に優れた豊かなサラウンド再生を可能にする同社独自の「AIR SURROUND XTREME」技術を搭載した。さらに3製品とも、インビジブル・サブウーファーを内蔵しており、正面から見てもサブウーファーの存在を感じさせることなく、美しい外観と迫力の重低音を両立したという。

 デザイン面では、YRS-2100/1100は各種の配線を気にせず壁にぴったり寄せられる「壁ピタ設置」を可能としたモデル。YRS-700はコーナーカットデザインを採用したモデルで、部屋の角にすっきりと設置することができる。本体カラーは、YRS-2100がブラック/アーバンブラウンの2色、YRS-1100がブラック/ホワイト/アーバンブラウンの3色、YRS-700がブラック/ホワイトの2色をそれぞれラインアップした。

 なお、3製品ともiPod用ユニバーサルドック「YDS-12」、またはiPod用ワイヤレスシステム「YID-W10」を使えば、iPod/iPhoneと接続可能。iPod/iPhoneの音楽をサラウンド再生で楽しめる。

 おもな仕様として、YRS-2100は総合最大出力が232W、入力端子がHDMI×3/アナログ音声/光デジタル音声×2/同軸デジタル音声、出力端子がHDMI/映像、ヘッドホンなど。本体サイズが幅1,600×高さ400×奥行き445mm、重さが60.5kg。耐荷重が天板80kg、棚板(3分割)10kg(1枚)、底板40kg。付属品が光ケーブル1.5m×2/映像用ピンケーブル1.5m/リモコン/インテリビームマイク/簡易マイクスタンドなど。

 YRS-1100は総合最大出力が232W、入力端子がHDMI×3/アナログ音声/光デジタル音声×2/同軸デジタル音声、出力端子がHDMI/映像、ヘッドホンなど。本体サイズが幅1,200×高さ400×奥行き445mm、重さが45kg。耐荷重が天板50kg、棚板15kg、底板30kg。付属品が光ケーブル1.5m×2/映像用ピンケーブル1.5m/リモコン/インテリビームマイク/簡易マイクスタンドなど。

 YRS-700は総合最大出力が250W、入力端子がHDMI×3/アナログ音声/光デジタル音声×2/同軸デジタル音声、出力端子がHDMI/映像、ヘッドホンなど。本体サイズが幅1,000×高さ450×奥行き450mm、重さが35.5kg。耐荷重が天板45kg、棚板10kg、底板20kg。付属品が光ケーブル1.5m×2/映像用ピンケーブル1.5m/リモコンなど。
《加藤@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【編集後記】最近のゲームはスクショ撮影が楽しすぎる

    【編集後記】最近のゲームはスクショ撮影が楽しすぎる

  2. 『GOD EATER3』主人公のイメージイラストや新アラガミを公開、グラフィックも大幅進化!

    『GOD EATER3』主人公のイメージイラストや新アラガミを公開、グラフィックも大幅進化!

  3. 【特集】もうバカにされない「オンラインゲーム英語スラングまとめ」

    【特集】もうバカにされない「オンラインゲーム英語スラングまとめ」

  4. 荒廃したビル街、赤い戦車、ハンター…謎めく映像「真・世紀末RPG、誕生。」がPlayStation JapanのYouTubeチャンネルに登場

  5. 『真・女神転生 25th Anniversary』“バケツ”などがラインナップされた「みんなのくじ」が登場!

  6. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 【特集】『超絶にムズいゲーム』10選―コントローラ叩きつけるレベル!?

  9. サンリオが『FGO』のキャラをデザイン・プロデュース!かわいすぎるグッズになって登場

  10. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

アクセスランキングをもっと見る