人生にゲームをプラスするメディア

【ゲームニュース一週間】ゲーム大会のススメ、これからのゲーム界のために

今週はいくつかのゲーム大会のニュースが集まりました。

その他 全般
今週はいくつかのゲーム大会のニュースが集まりました。

ゲーマーのBilly Mitchell氏は『ドンキーコング』の王座を106万2800点のスコアで奪還。同時に『ドンキーコングJr.』で127万900点を記録、27年ぶりにチャンピオンへ返り咲きました。

NES(海外版ファミコン)版『テトリス』の選手権「Classic Tetris World Championships」ではJonas Neubaue氏が優勝。王座をたたえるトロフィーと賞金1000ドル(約8万5000円)を手にしました。

いずれもゲームの腕前を価値あるものとする試みであり、新しくも懐かしいムーブメントといえるでしょう。

「ハドソン全国キャラバン」ではシューティングなど様々なゲームの腕を競い合うもの。2000年に一度終了したものの、2006年に見事復活を遂げています。任天堂は「New スーパーマリオブラザーズWii コインバトル日本一決定戦」を展開。全国から集まったトッププレイヤーたちがしのぎを削りました。任天堂は米国でもWiiのゲーム大会を予定。『Wii Fit Plus』『Wii Sports Resort』などのゲームが使用されます。

このほかにも『ポケットモンスター』では「ポケモンワールドチャンピオンシップス」が、『イナズマイレブン』では「フットボールフロンティア」が行われるなど、今はゲーム大会が花盛りです。

ゲームを遊ぶことは何も生み出さないとよくいわれます。特別な場合を除いて給料をもらえるわけではないし、就職に役立つわけでもないのですが、友達との関わりという、何物にも代え難いものを生み出しています。

大人には昔を懐かしむ意味で、子供には友達との関係を深める意味で、ゲーム大会はもっともっと盛んになっていくべきでしょう。大人と子供の間にも絆が生まれるかもしれません。縦のつながりが足りないといわれる現代ですが、ゲームが世代間の仲立ちをしてくれるかもしれないのです。

シビアな競技会型にするのか、ファミリー層が楽しめるものにするのか、ゲームごとに有効なアプローチは異なってくるでしょう。そこはメーカー側の腕の見せ所といったところでしょうか。ニンテンドーDSが普及し、Wiiが新たな層を取り込み、プレイステーション3とXbox360とPSPがオンラインに対応している今、ゲーム大会によるコミュニティを作っておけば、それは今後のゲーム界を支える大きな財産になるに違いありません。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ゲーム1日60分、中学生以下のスマホ利用は午後9時まで―保護者に努力義務課す条例素案がまとまる

    ゲーム1日60分、中学生以下のスマホ利用は午後9時まで―保護者に努力義務課す条例素案がまとまる

  2. アークシステムワークスが“文字化け&バグ画像”のようなツイートを投稿!? 『九龍妖魔學園紀 OOA』の関連か

    アークシステムワークスが“文字化け&バグ画像”のようなツイートを投稿!? 『九龍妖魔學園紀 OOA』の関連か

  3. 『キングダム ハーツ III』ソラの「モバイルポータル」が手帳型スマホケースになって登場!ゲームと同じく画面が見える窓付き仕様に

    『キングダム ハーツ III』ソラの「モバイルポータル」が手帳型スマホケースになって登場!ゲームと同じく画面が見える窓付き仕様に

  4. NTT東日本「NTTe-Sports」を設立―記者会見の模様を配信

  5. 2020年内、毎月20日にソニックの新情報を公開!「SONIC2020」プロジェクト始動

  6. AC向けリズムゲーム『WACCA』1月23日稼働の新シリーズ『WACCA S』最新情報公開!新規書下ろし&版権曲中心の全16曲を追加

  7. 任天堂、タッチペンを搭載したスイッチ用新型ストラップの特許を申請

  8. 家庭用最新作『アイドルマスター スターリットシーズン』発表! 各シリーズからアイドルが集結

  9. 『テイルズ オブ』シリーズファンイベント「テイルズ オブ フェスティバル 2020」6月13日~14日開催決定!

アクセスランキングをもっと見る