人生にゲームをプラスするメディア

「アニメ絵は米国の店頭で喜ばれない」業界人が語る

その他 全般

XSEED GamesはAQインタラクティブの米国子会社で、『ワイルドアームズ』など日本ゲームを海外で販売していますが、アニメ絵が原因で苦戦しているようです。

同社はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)Facebookにおいて、かわいらしい絵柄のゲームが小売りから歓迎されない、と語っています。

発端はとあるファンが『ツヴァイ!!』の移植を希望したこと。『ツヴァイ!!』は日本ファルコムのアクションRPGで、かわいらしいキャラクターが特徴となっています。

希望が出たことで即座に動ければいいのですが、XSEED Gamesは以下のように返答しています。「『ツヴァイ!!』はよくできたチャーミングなゲームだが、小売業者がかわいらしい絵柄にあまり興味を示さないことが我々の仕事を難しくしている」

やはり米国ではリアルな絵柄が歓迎されるということなのでしょうか。パブリッシャーの仕事は有望なゲームを探し出して(この場合は)翻訳することですから、現地の小売業者の意向は重要なものになります。日本の洋ゲーファンも海外の日本ゲーファンも抱える悩みは同じということのようですね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ちょいフェチ!『ゲームに登場するメガネキャラ』10選

    【特集】ちょいフェチ!『ゲームに登場するメガネキャラ』10選

  2. イベント「POKEMON×ISETAN」を伊勢丹新宿店にて開催! 8月2日よりカフェラウンジの予約受付を開始

    イベント「POKEMON×ISETAN」を伊勢丹新宿店にて開催! 8月2日よりカフェラウンジの予約受付を開始

  3. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』「サーモンラン」を生き残る労働術、『ポケモンGO』一部伝説ポケモンは期間限定に、『マリオカート8 DX』354万本『ARMS』118万本を販売…など(7/26)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』「サーモンラン」を生き残る労働術、『ポケモンGO』一部伝説ポケモンは期間限定に、『マリオカート8 DX』354万本『ARMS』118万本を販売…など(7/26)

  4. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  5. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  6. 【レポート】「お前は喰種だ!」とCCGに詰め寄られる、「新宿駅 喰種一斉取締作戦」に編集長が参加してみた

  7. フリーゲーム『殺戮の天使』がTVアニメに! 記憶をなくした少女と殺人鬼の物語をアニメで描く

  8. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアの小ネタ集、『ポケモンGO』イベントボーナス期間延長、『スプラトゥーン2』ジャイロ使っていますか?…など(7/25)

  9. 大ヒット映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』と「ドラゴンクエスト」のスライムによる、夢のコラボが実現!

  10. 【特集】納涼!『ゲームに登場する海景色』10選

アクセスランキングをもっと見る