人生にゲームをプラスするメディア

『ドラゴンクエストIX』の「すれちがい通信」がギネス記録に認定!海外版の発売日も決定

その他 全般

ドラゴンクエストIX 星空の守り人
  • ドラゴンクエストIX 星空の守り人
  • ドラゴンクエストIX 星空の守り人
スクウェア・エニックスは、2009年7月11日に発売したニンテンドーDSソフト『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』が「ギネス世界記録」に認定されたことを発表しました。



『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』は発売以来好評で、2010年3月4日に発売されたアルティメットヒッツ『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』も合わせて国内出荷本数はシリーズ最高の420万本を突破しました。

本作の特徴の一つである「すれちがい通信」は、プレイヤーのキャラクター同士がお互いのゲームソフト内で行き来し「宝の地図」とメッセージを交換することができ、日本で大流行になりました。



その結果、『ドラゴンクエストIX』は「ワイヤレス通信を通じて、1億1757万7073人がすれちがったゲームソフト」として「ギネス世界記録」に認定されました。
(2010年3月4日現在)

また、任天堂の現地法人から今夏発売予定の『DRAGON QUEST IX: Sentinels of the Starry Skies』の北米と欧州での発売日も決定。北米が7月11日、欧州が7月23日です。

海外版も「すれちがい通信」は実装されており、北米版と欧州版ですれちがうことはもちろん、日本国内版ともすれちがうことが可能です。プレイヤーキャラクターと戦歴データ、「宝の地図」の交換に対応しております。
(プレイヤー名、メッセージ等は、すべて特定の内容に変換されます)

(C)2009 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/LEVEL-5/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
《》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

    日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

  2. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

    【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  3. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

    『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 「モンスターハンター:ワールド×ALOOKコラボメガネ」ラインナップ判明! ネルギガンテなど全6モデル

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 『World of Warships』と『アズールレーン』がコラボ決定!ウォーゲーミングジャパンによるトークイベントで明らかに

  8. 『ニーア オートマタ』のアダムとイヴがLINEスタンプに!「いい子だ」「ニイチャーン!」など全40種類

  9. 12年ぶり完全新作「ゾイドワイルド」発表!2018年6月より展開、スイッチでのゲーム化も予定

  10. 『荒野行動』運営元、裁判で争っていく姿勢を明確に表明―著作権侵害も「一切無い」と完全否定

アクセスランキングをもっと見る

1