人生にゲームをプラスするメディア

不況でも幸せを感じるゲーム開発者たち

レイオフの嵐が吹き荒れるゲーム業界。しかし米国のゲーム開発者は依然として幸せを感じているようです。

ゲームビジネス 人材
レイオフの嵐が吹き荒れるゲーム業界。しかし米国のゲーム開発者は依然として幸せを感じているようです。

Think MediaのGame Developer Researchが2263人のゲーム開発者を対象とした調査結果を発表しました。

それによれば全体の86%が自身のキャリアに満足していて、2/3は「満足している」もしくは「この上なく満足している」と回答しました。

また、ゲーム業界が非常に厳しい状況にある現在のような中でも「ゲーム業界は今もまだ素晴らしい働き場である」という質問に「同意しない」「全く同意しない」と答えたのは僅かに12%に過ぎませんでした。88%もの開発者はこれに同意するようです。

とは言え、80%もの人が職は昨年に比べて減少すると回答しています。しかしそれでも、58%の人は今までと比べて今のゲーム業界には良いチャンスが転がっているとしています。

そして最後に、ゲーム業界には勢いがあるかという質問は55%がある、45%がないという回答でした。家庭用ゲームは苦戦を強いられていますが、モバイルやソーシャルゲーム方面では活況を呈しているゲーム業界。開発者も広い目線でゲームというものを見つめなおす必要があるのかもしれません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 限界突破!ドラゴンボールへの愛×次世代機で実現した『ドラゴンボールZ バーストリミット』インタビュー

    限界突破!ドラゴンボールへの愛×次世代機で実現した『ドラゴンボールZ バーストリミット』インタビュー

  2. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  3. 【e-Sportsの裏側】「e-Sports」は新しいエンターテイメントの形、「焦らず、じっくり進めていく。」―ウォーゲーミングジャパン キーマンインタビュー

    【e-Sportsの裏側】「e-Sports」は新しいエンターテイメントの形、「焦らず、じっくり進めていく。」―ウォーゲーミングジャパン キーマンインタビュー

  4. 「サムスの性別は決まっていなかった」「2Dメトロイドは機会があれば」任天堂坂本氏が『メトロイド』を語る

  5. コナミ、新社長に上月拓也氏・・・上月景正氏は会長に専念

  6. マリオの資産は1160億円―フォーブスのランキング

  7. 【レポート】ネクソンが考えるインディー投資戦略、必要なのは「独創的で面白いゲーム」

  8. テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

  9. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  10. 『絶体絶命都市』が再始動!2015年秋には、開発中止となった『4』の情報も

アクセスランキングをもっと見る