人生にゲームをプラスするメディア

米国ゲーム業界人の年収は前年度からマイナス成長

アチラの業界人はどれくらいの給料をもらっているものなのでしょうか?

ゲームビジネス その他
アチラの業界人はどれくらいの給料をもらっているものなのでしょうか?恒例の業界調査「Game Developer Research」の最新結果が発表されました。

Think Services社がGame Developer Magazine誌や海外ゲームサイトGamasutraなどでのアンケートや売上データなどをまとめたもので、海外の業界事情が伺える貴重な資料となっています。

■昨年度の平均給与は-4%
2009年度における米国ゲーム業界の平均年収は7万5573ドル(約707万円)。2008年度の7万9000ドル(約739万円)から4%ダウンしているものの、他の年と比較して2番目に高い額とされています。

■音楽関係以外は軒並みマイナス成長
ビジネス&マーケティング:9万6408ドル(約902万円):-95万円
オーディオ:8万2085ドル(約768万円):+5万円
プログラマー:8万320ドル(約751万円):-79万円
プロダクション:7万5082ドル(約702万円):-107万円
アート&アニメーション:7万1071ドル(約665万円):-14万円
ゲームデザイン:6万9266ドル(約648万円):-10万円
品質管理:3万7905ドル(約354万円):-34万円

不況を反映してか、オーディオ以外は全て前年比マイナスに。特にプロダクションやビジネス&マーケティング関連の下げ幅が大きくなっています。
これらの数値はあくまで平均値。

経験6年以上のプログラマーは年収1000万円を越え、「ビジネス&マーケティング」でも役員は年収1200万円、マーケティング部門の社員は年収784万円・・・とかなりの開きがあるとのこと。ゲーム業界が実力社会であるのは洋の東西を問わないようです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『スーパーロボット大戦T』『ルルアのアトリエ』『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』他

    今週発売の新作ゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『スーパーロボット大戦T』『ルルアのアトリエ』『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』他

  2. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

    アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  3. 日本の同人ゲームが、海外ダウンロード販売サイトに進出!

    日本の同人ゲームが、海外ダウンロード販売サイトに進出!

  4. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  5. 【DEVELOPER’S TALK】Unity×ミドルウェアでスマホアプリの表現の限界に挑戦!『デーモントライヴ』のサウンド・ムービー演出面のこだわり

  6. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  7. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  8. 【オールゲームニッポン】日本は世界でも稀有な母系社会(第12回)

  9. 【プレイレポ】アイテムを使うだけでも楽しい!『マリオカート アーケードグランプリVR』の臨場感が桁外れ

  10. エピック・ゲーム・ジャパンの設立発表会が開催~Unreal Engineで日本市場に本格進出

アクセスランキングをもっと見る

1