人生にゲームをプラスするメディア

インドのゲーマー人口、今後5年で2500万人を突破

その他 全般

インドのゲーマー人口は2014年までに2500万人に達するそうです。

米国の調査会社Pearl Researchは、ベトナムとインドのゲーム産業に関する調査結果を発表しました。両地域の収入は増加しており、同時にインターネットの普及率もアップ。こうした事象はゲーム産業にプラスに作用すると指摘します。

ベトナムのインターネット普及率は25%で、ネット人口は2200万人。50以上のオンラインゲームが人気を博しており、トップのオンラインゲームは20万人以上の人口を擁しているといいます。

インドのネット人口は4000万人を突破。英語を話す中産階級がIT関連に増加していることがその理由で、18万軒以上のネットカフェがこれを支える状態。ゲーム産業は「初期の段階」であり「インフラ問題がある」ものの「やりがいがある」とされています。

IAMAIの調査によれば、インドのゲーマー人口はPCと家庭用ゲーム機あわせて1800万人とされていますからかなりの数です。ただ、主力はあくまでPCゲーム。家庭用ゲーム機の人口は110万人だそうですから、確かに「初期の段階」といって差し支えないようです。

昨年に発売されたインド向けのプレイステーション2ゲーム『Hanuman : Boy Warrior』が初日に1万本を突破。プレイステーションインドのマネージャーであるAtindriya Bose氏によると、インドのゲーム業界は2008~2009年に300%成長したとされています。

ゲーム業界の次なる希望はベトナムやインドにあるのかも知れません。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ちょいフェチ!『ゲームに登場するメガネキャラ』10選

    【特集】ちょいフェチ!『ゲームに登場するメガネキャラ』10選

  2. 【レポート】「お前は喰種だ!」とCCGに詰め寄られる、「新宿駅 喰種一斉取締作戦」に編集長が参加してみた

    【レポート】「お前は喰種だ!」とCCGに詰め寄られる、「新宿駅 喰種一斉取締作戦」に編集長が参加してみた

  3. 大ヒット映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』と「ドラゴンクエスト」のスライムによる、夢のコラボが実現!

    大ヒット映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』と「ドラゴンクエスト」のスライムによる、夢のコラボが実現!

  4. フリーゲーム『殺戮の天使』がTVアニメに! 記憶をなくした少女と殺人鬼の物語をアニメで描く

  5. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアの小ネタ集、『ポケモンGO』イベントボーナス期間延長、『スプラトゥーン2』ジャイロ使っていますか?…など(7/25)

  6. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  7. 『FFVII』の「クラウド」と「セフィロス」をイメージしたオードトワレが、装いも新たに再登場

  8. 「龍が如くスタジオ」8月26日に新作発表会を実施!“衝撃の発表”を予定

  9. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  10. 【特集】納涼!『ゲームに登場する海景色』10選

アクセスランキングをもっと見る