人生にゲームをプラスするメディア

久々の新作ファミコンカセットは『ロックマン』風アクションゲーム

新作のファミコンカセットがついに発売されました。

その他 全般
新作のファミコンカセットがついに発売されました。

『Battle Kid: Fortress of Peril』は海外のアマチュアが制作したファミコンカセット。『ロックマン』シリーズを思わせるアクションゲームで、大量破壊兵器を打ち砕くため、主人公がハイテク要塞に挑みます。550以上の部屋、8体のボス、30以上の敵キャラが用意されており、5段階の難易度設定が可能となかなか手応えがある内容のようです。



発売が遅れてファンをやきもきさせましたが、この度無事に売り出され、早くも品切れになっている模様。価格は30ドル(約2700円)で、「PAL及びNTSCのファミコン及び互換機で動作可能」とされています。カートリッジの形状はNES(海外版ファミコン)ですので、日本のファミコンで動かすにはアダプターが必要になるようです。

なお、カートリッジは全て新品の部品で作られており、中古カートリッジからの再利用はないとのこと。

久々の新作をカートリッジで発売する辺りがなんとも粋な計らい。やっぱりファミコンゲームはカートリッジを差し込んでこそ、というこだわりは日本も海外も同じのようですね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】スイッチ本体の高騰・品薄に関心集中─『あつまれ どうぶつの森』カブ取引やイースターのたまごなどに迫る特集も話題に

    【週刊インサイド】スイッチ本体の高騰・品薄に関心集中─『あつまれ どうぶつの森』カブ取引やイースターのたまごなどに迫る特集も話題に

  2. 舞元啓介主催「にじさんじ最強雀士決定戦」が4月12日開催決定!優勝ライバーは誰だ【読者アンケート】

  3. ゲーム19XX~20XX第17回:『FFVII』発売の年にして、数々の革命的作品が登場した1997年のゲームに注目!

  4. 【漫画】『ビビッドアーミーよろしくね!』第七話「暗殺未遂」

  5. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る