人生にゲームをプラスするメディア

『ラブプラス』発売後2か月で販売数15万本突破!人生を変える(!?)その魅力とは

KONAMIが発売したDS向けコミュニケーションゲーム『ラブプラス』が2009年9月3日の発売から約2か月で、販売数15万本を突破しました。

任天堂 DS
ラブプラス
  • ラブプラス
  • 『ラブプラス』発売後2か月で販売数15万本突破!人生を変える(!?)その魅力とは
KONAMIが発売したDS向けコミュニケーションゲーム『ラブプラス』が2009年9月3日の発売から約2か月で、販売数15万本を突破しました。



一般的に「恋愛ゲーム」といわれるジャンルでは、5万~6万本の販売本数が平均的といわれる中、『ラブプラス』は発売1か月で9万本を突破、発売2か月を越えた11月現在、販売本数15万本という驚異的な数字をたたき出したとのことです。

実際、発売当初より、店頭やamazonでの在庫ゼロという状態が続き、amazonランキングでも常に上位をキープ。『ときめきメモリアル』で“恋愛シュミレーションゲーム”の地位をオタク文化から引き上げたコナミの新作発売ということで、ファンからの注目は高かったわけですが、何がここまでのヒットの要因となったのか、女性向けマーケティングを行うトレンダーズでは20代の男性500名に行ったリサーチを行いました。



それによると、64%が自分は「草食男子」と認める結果となりました。そのうち実際に彼女が必要だと思っている男性は62%。やはり草食男子と言えども「女の子と付き合いたい」という願望は強いようです。

しかし一方で、ゲームのなかで恋愛を楽しむことを「アリ」だと回答したのは42%で、バーチャルと現実の両方において“女の子と付き合いたい願望”が多いにあるということがわかる結果となりました。

そんな「草食男子」をも虜にしている「ラブプラス」について、「彼女がいない歴=年齢のオレにはいい予行練習になる」「(ラブプラスの)彼女に励まされて、(現実の)バイトに受かりました!」「これまでの人生のなかで今が1番幸せ。すべてコナミ様のお陰です。」「奥さんと付き合い始めの頃を思い出させてくれる偉大なゲームです。」といった感想が寄せられたそうです。

『ラブプラス』は現在発売中で、価格は5,800円(税込)です。

(C)2009 Konami Digital Entertainment
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 木を揺らして巣が落ちてくるって現実にあり得る?『あつまれ どうぶつの森』の「ハチ」について【平坂寛の『あつ森』博物誌】

    木を揺らして巣が落ちてくるって現実にあり得る?『あつまれ どうぶつの森』の「ハチ」について【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  2. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  3. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

    『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  4. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』インパのアクションが爽快通り越して「蹂躙」って感じでキモチイイ!

  5. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

  6. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』バトルで無双するための10のコツ! ビタロックとロッドが強いぞ

  7. 『スーパーマリオサンシャイン』大人になった今なら、あの「トラウマンタ」も余裕? そんな気持ちで挑む約20年ぶりのマンタ戦

  8. 『スーパーマリオブラザーズ 35』全コース攻略!パワーアップ・1UP・10コインの場所やループ脱出法を動画&画像で解説

  9. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  10. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る