人生にゲームをプラスするメディア

『ラブプラス』発売後2か月で販売数15万本突破!人生を変える(!?)その魅力とは

KONAMIが発売したDS向けコミュニケーションゲーム『ラブプラス』が2009年9月3日の発売から約2か月で、販売数15万本を突破しました。

任天堂 DS
ラブプラス
  • ラブプラス
  • 『ラブプラス』発売後2か月で販売数15万本突破!人生を変える(!?)その魅力とは
KONAMIが発売したDS向けコミュニケーションゲーム『ラブプラス』が2009年9月3日の発売から約2か月で、販売数15万本を突破しました。



一般的に「恋愛ゲーム」といわれるジャンルでは、5万~6万本の販売本数が平均的といわれる中、『ラブプラス』は発売1か月で9万本を突破、発売2か月を越えた11月現在、販売本数15万本という驚異的な数字をたたき出したとのことです。

実際、発売当初より、店頭やamazonでの在庫ゼロという状態が続き、amazonランキングでも常に上位をキープ。『ときめきメモリアル』で“恋愛シュミレーションゲーム”の地位をオタク文化から引き上げたコナミの新作発売ということで、ファンからの注目は高かったわけですが、何がここまでのヒットの要因となったのか、女性向けマーケティングを行うトレンダーズでは20代の男性500名に行ったリサーチを行いました。



それによると、64%が自分は「草食男子」と認める結果となりました。そのうち実際に彼女が必要だと思っている男性は62%。やはり草食男子と言えども「女の子と付き合いたい」という願望は強いようです。

しかし一方で、ゲームのなかで恋愛を楽しむことを「アリ」だと回答したのは42%で、バーチャルと現実の両方において“女の子と付き合いたい願望”が多いにあるということがわかる結果となりました。

そんな「草食男子」をも虜にしている「ラブプラス」について、「彼女がいない歴=年齢のオレにはいい予行練習になる」「(ラブプラスの)彼女に励まされて、(現実の)バイトに受かりました!」「これまでの人生のなかで今が1番幸せ。すべてコナミ様のお陰です。」「奥さんと付き合い始めの頃を思い出させてくれる偉大なゲームです。」といった感想が寄せられたそうです。

『ラブプラス』は現在発売中で、価格は5,800円(税込)です。

(C)2009 Konami Digital Entertainment
《冨岡晶》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『MOTHER3』英語版未リリースの理由は?米任天堂の元社長「全てビジネスの問題だった」

    『MOTHER3』英語版未リリースの理由は?米任天堂の元社長「全てビジネスの問題だった」

  2. 「Nintendo Switch Online」加入者は早めの「追加パック」乗り換えがお得!残り期間に応じて割引されるの知ってる?

    「Nintendo Switch Online」加入者は早めの「追加パック」乗り換えがお得!残り期間に応じて割引されるの知ってる?

  3. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

    『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  4. 『MOTHER2』一度でいいから食べてみたい作中の料理10選

  5. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  6. 『遊戯王 マスターデュエル』で人気の可愛いカードは?3位「ブラマジガール」、2位「閃刀姫」、1位は貫禄の“ドヤ顔”

  7. 『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑

  8. 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ

  9. 『スプラトゥーン2』ブキの元ネタを徹底調査その1!シューター&マニューバー&スペシャルウェポン編

  10. 【今日は海の日】ロマンあふれる未知の領域!スイッチで遊べる神秘的な海の中を冒険するおすすめゲーム5選

アクセスランキングをもっと見る