人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2009】ゲーム大賞「アマチュア部門」受賞者が決定~大賞は初の東京工芸大学

その他 全般

CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は日本ゲーム大賞のうち、一般公募によって募集されたインディーズゲームを表彰する「アマチュア部門」の受賞作品を決定しました。

大賞を獲得したのは東京工芸大学のタケノコ(チーム)が制作した『BAMBOONO』。『BAMBOONO』は2人プレイ専用アクションれ瀬へけてせ、2人で一本の棒を持ってゴールを目指します。遊び心地、難易度などがトータルに作り込まれた完成度の高さが評価されました。



「アイディアもボタン連打というシンプルなものと、協力プレイという二つに焦点を絞った~こそトータルの仕上がりがきちんとできたのだと思います。実際、僕たちも審査を忘れて、一緒にプレイしている初対面の方たちと声を出し合い、楽しめました」(選考委員コメント)

その他の受賞作品は以下の通り。

大賞
BAMBOONO(PC) タケノコ 東京工芸大学

優秀賞
I'm Qbe(PC) 吉川達也 HAL大阪
iDEARTh(PS3) デアの斜塔 デジタルエンタテインメントアカデミー
しゃぼんDEポン(DS) Minority 日本工学院専門学校
沈黙の磁石(PC) Ms.ドリコ 新潟コンピュータ専門学校

佳作
OH!ナラでGO!(Wii) よ!じょーし!project デジタルエンタテインメントアカデミー
GENETOS(PC) 小山達矢 木更津工業高等専門学校
Flare in the Incubus(PC) O-Rocks.labo ECCコンピュータ専門学校
Painting Wear(PC) 酒井優 新潟高度情報処理技術学院
ホシポチャ(PC) LE KHANH HUY 尚美学園大学
《土本学》

編集部おすすめの記事