人生にゲームをプラスするメディア

暴力ゲーム規制にソフトハウスが悲鳴-「他の国に行けと言われているのと同じ」

ドイツのソフトハウスは「我々に他の国にいけというのか」と訴えます。

その他 全般
ドイツのソフトハウスは「我々に他の国にいけというのか」と訴えます。

ドイツは暴力ゲームを厳しく規制しますが、シュツットガルトの乱射事件を受けて当局が態度を硬化させています。『カウンターストライク』や『WarcraftIII』などが“Killer Game”と見なされるようになり、ゲームイベントも中止に追いやられました。

ドイツに拠点を構えるデベロッパーであるCrytekのCEOを務めるCevat Yerli氏は、こうした規制に関して「ドイツでのアクションゲームの禁止は、これを作るアーティストを締め出すようなもの」「我々は他の国に移転することを強制されているも同じだ」とのコメントを発表しています。

Crytekは『Far Cry』『Crysis』といったFPS(一人称シューティング)で知られるメーカー。作り手からこうしたコメントが出るのは異例ですが、現地では『カウンターストライク』や『WarcraftIII』など特に暴力描写が過激ではないゲームも問題視されるなど、かなりナーバスな状況となっている模様です。

既にドイツではデモ行進などの運動が行われており、7月末時点で64000以上という多数の署名が集まっています。

暴力ゲームの適切なゾーニングは必要ですが、規制が度を超えると現地のゲーム産業自体を萎縮させる可能性があります。当局とゲーム業界、両者が納得いくラインが引かれるのかどうか、これからの議論が注目されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「もっとちこう寄ります?」『FGO』酒呑童子を“現界させた”中国コスプレイヤーw百合欧皇子wインタビュー

    「もっとちこう寄ります?」『FGO』酒呑童子を“現界させた”中国コスプレイヤーw百合欧皇子wインタビュー

  2. 「コナン」最新刊で

    「コナン」最新刊で"黒ずくめの組織"ボスの正体判明! 灰原哀、TVCMで24年越しの真実語る

  3. 再挑戦で成功したツインスティック開発! 20年前のギャルゲーの新企画も決定! クラウドファンディングとゲームの関係がもたらす新たな展開

  4. 【漫画でわかる】ゲームメディアで活躍するVTuberのインサイドちゃんって?

  5. 爆弾背負った「藤崎詩織」がフィギュア化決定!―プライズ景品として登場予定

  6. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】「○○がおもしろくない」って言っちゃいけないの?

  7. 『ニーア オートマタ』間もなく予約開始のドール「2B」「9S」語る齊藤・ヨコオ氏らインタビューが公開

  8. マクドナルド、ハッピーセット「スーパーマリオ」を販売開始―ゲームとして遊べる玩具満載!

アクセスランキングをもっと見る