人生にゲームをプラスするメディア

暴力ゲーム規制にソフトハウスが悲鳴-「他の国に行けと言われているのと同じ」

その他 全般

ドイツのソフトハウスは「我々に他の国にいけというのか」と訴えます。

ドイツは暴力ゲームを厳しく規制しますが、シュツットガルトの乱射事件を受けて当局が態度を硬化させています。『カウンターストライク』や『WarcraftIII』などが“Killer Game”と見なされるようになり、ゲームイベントも中止に追いやられました。

ドイツに拠点を構えるデベロッパーであるCrytekのCEOを務めるCevat Yerli氏は、こうした規制に関して「ドイツでのアクションゲームの禁止は、これを作るアーティストを締め出すようなもの」「我々は他の国に移転することを強制されているも同じだ」とのコメントを発表しています。

Crytekは『Far Cry』『Crysis』といったFPS(一人称シューティング)で知られるメーカー。作り手からこうしたコメントが出るのは異例ですが、現地では『カウンターストライク』や『WarcraftIII』など特に暴力描写が過激ではないゲームも問題視されるなど、かなりナーバスな状況となっている模様です。

既にドイツではデモ行進などの運動が行われており、7月末時点で64000以上という多数の署名が集まっています。

暴力ゲームの適切なゾーニングは必要ですが、規制が度を超えると現地のゲーム産業自体を萎縮させる可能性があります。当局とゲーム業界、両者が納得いくラインが引かれるのかどうか、これからの議論が注目されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  2. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  3. アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

    アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

  4. 【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

  5. 『モンスターハンター もふもふわーるど』開催-テトルーやプーギーが可愛く登場♪

  6. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  7. 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

  8. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  9. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』サントラが今夏発売―初回限定盤には「ハイカライブ」映像が!

アクセスランキングをもっと見る