人生にゲームをプラスするメディア

世界のトップデベロッパー50・・・1位は任天堂、2位ブリザード、3位ユービーアイ

ゲームビジネス その他

GDCの主催でもあるThink Media Serviceは、毎年恒例となっている「Game Developer Research」の最新調査結果をまとめました。雑誌「Game Developer Magazine」やウェブサイト「Gamasutra」などで行われたゲーム開発者を対象としたアンケートや最新の売上データ、Meracriticスコアなどを基づき150社を評価、リスト化したものです。



今回の調査でトップに立ったのは昨年に引き続き任天堂で、2位はブリザード、3位はユービーアイソフト モントリオールスタジオという結果でした。以下50位まで紹介します。

1. 任天堂
2. ブリザード
3. ユービーアイソフト モントリオール
4. ロックスターノース
5. EAカナダ
6. KONAMI
7. Valve
8. Epic Games
9. EA Tiburon
10. Treyarch
11. HAL研究所
12. カプコン
13. トラベラーズテイル
14. ベセスダ ゲーム スタジオ
15. Insomniac Games
16. バンダイナムコゲームス
17. EAレッドウッドショアーズ
18. コーエー
19. 小島プロダクション
20. ハーモニクス・ミュージック・システムズ
21. Media Molecule
22. ライオンヘッドスタジオ
23. Vicarious Visions
24. マクシス
25. ネバーソフト
26. ゲームフリーク
27. スクウェア・エニックス
28. デジタルイリュージョン
29. サクセス
30. Ready At Dawn
31. アトラス
32. クライテリオン・ゲームス
33. トーセ
34. Mythic Entertainment
35. Firaxis Games
36. Volition
37. セガ
38. SCEジャパンスタジオ
39. Ironclad Games
40. マーベラスエンターテイメント
41. ユークス
42. SCEロンドンスタジオ
43. ビジュアルコンセプト
44. インテリジェントシステムズ
45. ω-Force
46. モノリス・プロダクションズ
47. Funcom
48. SCEスタジオサンディエゴ
49. レア
50. トレジャー

昨年の調査結果と比較すると日本のメーカーが復活している印象です。

調査結果は180ページ以上にも渡る詳細なもので、2995ドルで直販されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

    美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  2. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

    インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  3. 京都銀行、任天堂株の売却は考えず、配当を原資に貸し出し強化へ

    京都銀行、任天堂株の売却は考えず、配当を原資に貸し出し強化へ

  4. シンガポールが新しいゲームレーティング制度を導入

  5. 合法的に落書き!VRグラフィティシム『Graffiti Simulator』プレイ映像

  6. ゲーム業界をめざす学生は何を持ち帰ったか?学生向け業界研究セミナーレポート

  7. 【GTMF2013】過去のC++資産も有効活用、クロスプラットフォームに長けたゲームエンジン「Marmalade」

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. 第3回「DMM GAMES カンファレンス 2016」開催、前年度実績や今期戦略が明らかに

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る