人生にゲームをプラスするメディア

不正行為には「ズルい人」の称号が−Xbox360で新たな試み

Xbox360で不正行為をはたらいたプレイヤーは、名前の前に「ごまかし行為者」(Cheater、ズルい人)という称号が付くのを覚悟しなければならないようです。

マイクロソフト Xbox360
Xbox360で不正行為をはたらいたプレイヤーは、名前の前に「ごまかし行為者」(Cheater、ズルい人)という称号が付くのを覚悟しなければならないようです。

「Cheater」の称号はXbox LIVE やXbox.comなどゲーマーカードを見られるところから確認可能。ゲーマースコアはリセットされますがアカウントが停止される訳ではなく、不正なくゲームを遊んでゲーマースコアを得ることはできるとされています。

「外部のツールを使用したり、実際にゲームをプレイすることなく不正に実績を解除したアカウント」が対象であり、「通常どおりゲームをプレイして実績を解除しているプレイヤーには、まったく影響しません」とのこと。

マイクロソフトは『Gears of War2』で不正行為をはたらいたプレイヤーのゲーマースコアをリセットしたばかり。不安なく遊べる環境が一番であり、「ごまかし行為者」の称号が抑止力となることが期待されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. ソニー、マイクロソフトの次世代機は2014年? アナリストが指摘

    ソニー、マイクロソフトの次世代機は2014年? アナリストが指摘

  2. 海外で『ドラゴンボールZ for Kinect』が発表、開発はスパイク・チュンソフト

    海外で『ドラゴンボールZ for Kinect』が発表、開発はスパイク・チュンソフト

アクセスランキングをもっと見る