人生にゲームをプラスするメディア

DSは単月で100万台、NPDが4月販売データを公開

ゲームビジネス その他

調査会社のNPDグループは、2009年4月の米国のゲームハード、ソフトの販売台数を公開しました。

4月の米国は、ハードウェアの販売金額が3億9180万ドルで昨年同期と比較して8パーセントのダウンでしたが、ニンテンドーDSiの効果もあり、DSの販売台数が100万台を超えました。一方でソフトウェアは5億1074万ドルで、こちらも前年から23パーセントのダウンと元気の無い状況です。

プラットフォーム別ではDSが104万台であった以外は低調で、Wiiが34万台、Xbox 360が17万5000台、PS2が17万2000台、PS3が12万7000台、PSPが11万6000台となり、PS2が後継機のPS3より売れるという逆転現象もありました。

ソフトウェアも任天堂が牽引する状況は続いていて、1位『Wii Fit』、2位『ポケモンプラチナ』、3位『マリオカートWii』、4位『はじめてのWii』と上位を独占。サードパーティでは5位(Xbox360)と10位(PS3)にEAの『ゴッドファザーII』が入った他は目立つタイトルはありませんでした。

米国でも日本と同様、タイトルに恵まれない時期が続いているようです。

任天堂オブアメリカはこの結果について「任天堂ハードが56パーセントのシェアを占めたことは、多くのユーザーが製品の質や価値を認めてくれた結果だと考えています。今後も『パンチアウト』や『Wii Sports Resort』といったエキサイティングなゲームを世に送り出していくつもりです」(Cammie Dunawayマーケティング担当副社長)とコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

  3. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  4. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. スクウェア・エニックスHD、平成27年3月期第1四半期決算を発表 ― 純利益34億800万円に

  9. 巨大なゲーム市場、大人は消費し若者は無料で遊ぶ【オールゲームニッポン】

  10. 小島監督、コナミデジタルエンタテインメント執行役員副社長に

アクセスランキングをもっと見る