人生にゲームをプラスするメディア

ファクター5が米国スタジオを閉鎖―Wii向けタイトルの開発中画面も流出

ゲームビジネス その他

ファクター5が米国スタジオを閉鎖―Wii向けタイトルの開発中画面も流出
  • ファクター5が米国スタジオを閉鎖―Wii向けタイトルの開発中画面も流出
  • ファクター5が米国スタジオを閉鎖―Wii向けタイトルの開発中画面も流出
『RISE FROM LAIR』や『スター・ウォーズ ローグ スコードロンII』といったタイトルで知られる、ゲーム開発会社のファクター5は米国スタジオを閉鎖すると発表しました。

最近でも『光神話 パルテナの鏡』のWii版を制作中という噂で何度か名前が挙がっており、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

米国スタジオの閉鎖はBrash Entertainmentの財政的な破綻に関連するもので、Brash Entertainmentの破綻によりもたらされる影響により、現在の規模を維持することが難しくなった旨のアナウンスがなされています。ファクター5は同社とともに『スーパーマン』のゲームを開発中でした。これに関係して年末には約半数の人員を削減していました。

閉鎖を伝える公式サイト


ファクター5の本社はドイツにありドイツと米国では全く異なるオペレーションになっていて、米国スタジオが閉鎖しても問題はないとされていますが、海外メディアの多くは「ファクター5の終わり」と報じていて、今後どのようになるか予断を許しません。いずれにせよ日本のゲームユーザーにもお馴染みであった同社の一時代の終わりを迎えたということができそうです。

Factor5の空中戦ゲームの流出画像


海外ゲームサイトにはWii用に進行していたプロジェクトのスクリーンショットも流出しています。陽の目を見る日は来ないのでしょうか。非常に残念です。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  2. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

    『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  3. 第3回「DMM GAMES カンファレンス 2016」開催、前年度実績や今期戦略が明らかに

    第3回「DMM GAMES カンファレンス 2016」開催、前年度実績や今期戦略が明らかに

  4. 【TGS2017】中国産スマホゲームの日本進出を語る!「進出しない理由は無い市場」

  5. 【読者の声】2017年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 【CEDEC 2013】ゲーム脳から10年以上経た、ゲームをめぐる現在の認知機能研究

  7. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  8. スクウェア・エニックス、来年の新卒採用は1割以上が外国籍に

  9. 横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

  10. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

アクセスランキングをもっと見る