人生にゲームをプラスするメディア

閉鎖されたソフトハウスのリーク動画に大反響−『Duke Nukem Forever』

ゲームビジネス その他

閉鎖されたソフトハウスのリーク動画に大反響−『Duke Nukem Forever』
  • 閉鎖されたソフトハウスのリーク動画に大反響−『Duke Nukem Forever』
閉鎖されたデベロッパーが発売する予定だったゲームのリーク動画が反響を呼んでいます。



3D RealmsはFPS(一人称シューティング)『Duke Nukem』シリーズで知られるデベロッパー。1987年設立のApogee Softwareを母体に1994年にブランドが確立。B級映画的な『Duke Nukem』や奇怪な日本観の『Shadow Warrior』といったFPSを発売。その後1997年に『Duke Nukem Forever』を発表してから目立った活躍はありませんでしたが、公式サイトに5月8日付で「Gooodby」という記事が掲載され、閉鎖が確認されました。

閉鎖を告知する記事の集合写真


今回リークされたのは期待の新作『Duke Nukem Forever』。実際のプレイ動画に加え、モンスターがツール上で動いているところなどが収録されています。

約1日前に投稿された動画は既に50万再生を突破。
「これまでやった中でベストのゲームだった。Dukeを殺さないでくれええええ」
「『Duke Nukem Forever』を救わなければならない。友人や同僚に話をしてくれ。この動画に10点満点の評価をしてくれ。あらゆるフォーラムに貼り付けてくれ。これを読んだTake2の誰かへ:大きな間違いをしないでくれ。3D Realmsがこのゲームを完成できたら『グランド・セフト・オートIV』(GTAIV)並みの成功があるだろう」
「ファッキンな社会め!なんでいいゲームが現実に出ないんだ!ファック!オレはこのゲームを10年待ってるんだ!」
……等々1000を越えるコメントが寄せられています。

『Duke Nukem Forever』の版権を持っているのはTake2の2K Games。このまま幻のゲームとなってしまうのか、オリジナルの開発陣が完成できるのか、はたまた別人が手がけたものが発売されるのか。10年越しのファンにとってはやきもきするような話といえるでしょう。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

    海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  2. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  3. 今年注目を集めたタイトルは? 「2017年ゲオ年間ゲーム売上ランキング」が公開

    今年注目を集めたタイトルは? 「2017年ゲオ年間ゲーム売上ランキング」が公開

  4. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

  7. 名タイトルで知るFPSの歴史(1)

  8. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  9. 【CEDEC 2014】GDCの講演は怖くない!みんなも公募にチャレンジしよう

  10. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

アクセスランキングをもっと見る