人生にゲームをプラスするメディア

閉鎖されたソフトハウスのリーク動画に大反響−『Duke Nukem Forever』

ゲームビジネス その他

閉鎖されたソフトハウスのリーク動画に大反響−『Duke Nukem Forever』
  • 閉鎖されたソフトハウスのリーク動画に大反響−『Duke Nukem Forever』
閉鎖されたデベロッパーが発売する予定だったゲームのリーク動画が反響を呼んでいます。



3D RealmsはFPS(一人称シューティング)『Duke Nukem』シリーズで知られるデベロッパー。1987年設立のApogee Softwareを母体に1994年にブランドが確立。B級映画的な『Duke Nukem』や奇怪な日本観の『Shadow Warrior』といったFPSを発売。その後1997年に『Duke Nukem Forever』を発表してから目立った活躍はありませんでしたが、公式サイトに5月8日付で「Gooodby」という記事が掲載され、閉鎖が確認されました。

閉鎖を告知する記事の集合写真


今回リークされたのは期待の新作『Duke Nukem Forever』。実際のプレイ動画に加え、モンスターがツール上で動いているところなどが収録されています。

約1日前に投稿された動画は既に50万再生を突破。
「これまでやった中でベストのゲームだった。Dukeを殺さないでくれええええ」
「『Duke Nukem Forever』を救わなければならない。友人や同僚に話をしてくれ。この動画に10点満点の評価をしてくれ。あらゆるフォーラムに貼り付けてくれ。これを読んだTake2の誰かへ:大きな間違いをしないでくれ。3D Realmsがこのゲームを完成できたら『グランド・セフト・オートIV』(GTAIV)並みの成功があるだろう」
「ファッキンな社会め!なんでいいゲームが現実に出ないんだ!ファック!オレはこのゲームを10年待ってるんだ!」
……等々1000を越えるコメントが寄せられています。

『Duke Nukem Forever』の版権を持っているのはTake2の2K Games。このまま幻のゲームとなってしまうのか、オリジナルの開発陣が完成できるのか、はたまた別人が手がけたものが発売されるのか。10年越しのファンにとってはやきもきするような話といえるでしょう。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

    【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  2. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

    『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  3. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

    『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

  4. 【CEDEC 2013】勝つべくして勝つ企画書を作る方法を伝授!アシスタントからディレクターになるために

  5. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  6. ケン・レヴィンの生涯と最新作『BIOSHOCK INFINITE』への道のり

  7. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  8. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  9. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  10. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

アクセスランキングをもっと見る