人生にゲームをプラスするメディア

ハドソン、コンシューマー・モバイルともに好調な21年度業績を発表

ゲームビジネス その他

ハドソンは平成21年3月期業績を発表しました。

それによれば、売上高は186億9200万円(前年同期: 7.4%増)、営業利益は30億0100万円(10.4%増)、経常利益は30億1500万円(13.6%増)、当期純利益は17億4200万円(40.0%減)となり、好調に推移しました。

ゲームタイトルでは『DECA SPORTA』(Wii)が全世界で200万本を超える大ヒットとなったほか、人気シリーズ最新作の『桃太郎電鉄20周年』(DS)も好調でした。またエクシングと共同開発した『カラオケJOY SOUND Wii』や欧州での『JOB ISLAND』(はたらくヒト)も好調でした。

ハドソンの得意とするダウンロードのバーチャルコンソールや新規タイトルを多数投入しているWiiウェアでも継続的な収益が得られているということです。一方でRSD事業(受託制作)は受注に一服感はあるものの、順調に推移しているということです。

モバイルコンテンツではiPhoneやiPod touch向けに18タイトルを配信開始したほか、着うたなどのモバイルサイトも順調でした。

コンシューマー事業は売上高104億0500万円、営業利益28億8500万円。ネットワーク・コンテンツ関連事業は売上高82億0200万円、営業利益12億2200万円となっています。

また今期の業績予想は、売上高が200億円、営業利益33億円、経常利益33億円、当期純利益が19億円を見込んでいるとのことです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

    今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

  2. 【TGS2016】バンナム、『Project LayereD』発表…ユーザー参加型で、アニメとゲームが連動する

    【TGS2016】バンナム、『Project LayereD』発表…ユーザー参加型で、アニメとゲームが連動する

  3. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  4. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  5. 日本オンラインゲーム協会、「スマートフォンゲームアプリケーション運用ガイドライン」を策定

  6. 【京まふ2013】角川書店・井上社長による「マンガ・アニメがもたらす地域活性化」聖地巡礼成功の鍵とは

  7. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  8. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  9. 【G-STAR 2014】KLab CGO(Chief Game Officer)が語る今後の展開とは?―――KLab専務取締役インタビュー

  10. 『パズドラ』未成年者による課金上限設定へ ― ガンホー、日本オンラインゲーム協会のガイドラインに賛同

アクセスランキングをもっと見る