人生にゲームをプラスするメディア

ハドソン、コンシューマー・モバイルともに好調な21年度業績を発表

ゲームビジネス その他

ハドソンは平成21年3月期業績を発表しました。

それによれば、売上高は186億9200万円(前年同期: 7.4%増)、営業利益は30億0100万円(10.4%増)、経常利益は30億1500万円(13.6%増)、当期純利益は17億4200万円(40.0%減)となり、好調に推移しました。

ゲームタイトルでは『DECA SPORTA』(Wii)が全世界で200万本を超える大ヒットとなったほか、人気シリーズ最新作の『桃太郎電鉄20周年』(DS)も好調でした。またエクシングと共同開発した『カラオケJOY SOUND Wii』や欧州での『JOB ISLAND』(はたらくヒト)も好調でした。

ハドソンの得意とするダウンロードのバーチャルコンソールや新規タイトルを多数投入しているWiiウェアでも継続的な収益が得られているということです。一方でRSD事業(受託制作)は受注に一服感はあるものの、順調に推移しているということです。

モバイルコンテンツではiPhoneやiPod touch向けに18タイトルを配信開始したほか、着うたなどのモバイルサイトも順調でした。

コンシューマー事業は売上高104億0500万円、営業利益28億8500万円。ネットワーク・コンテンツ関連事業は売上高82億0200万円、営業利益12億2200万円となっています。

また今期の業績予想は、売上高が200億円、営業利益33億円、経常利益33億円、当期純利益が19億円を見込んでいるとのことです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターダブルクロス Switch Ver』『The Lost Child』『深夜廻』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターダブルクロス Switch Ver』『The Lost Child』『深夜廻』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』他

  2. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 【特集】宮崎社長と現場の距離感は?―フロム・ソフトウェア開発者座談会

  5. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  6. GBASPボディーカラーチェンジに新色「サムスツートン」

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  9. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  10. 【CEDEC 2014】できるゲームクリエイターに共通するただ1つのこと、スクエニ塩川氏が明かす

アクセスランキングをもっと見る