人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコ、平成21年3月期業績を発表

ゲームビジネス その他

バンダイナムコホールディングスは8日、平成21年3月期連結業績を発表しました。

それによれば、売上高は4263億9900万円(前年同期: ▲7.4%)、営業利益は223億4800万円(▲33.1%)、経常利益は245億1300万円(▲32.3%)、純利益は118億3000万円(▲63.8%)と、減収減益という結果となりました。

バンダイナムコの前期は景気後退によりエンターテイメント全般が不透明な状況の中、海外の家庭用ゲームが好調だったほか、男児向けの玩具も順調に推移しました。しかしながら全体としては低調で、減収減益となりました。また、完全子会社化したバンダイビジュアル、バンダイネットワークスののれん代償却、有価証券評価損の計上、アミューズメント施設の減損処理なども行っています。

ゲームコンテンツ事業では海外で好調だった『ソウルキャリバーIV』が貢献したほか、Wii向けの『ファミリートレーナー』や国内未発売の『We Ski』が海外で人気を集めました。国内では『ガンダム無双2』やWiiとDSの『太鼓の達人』が好調でしたが、中小型タイトルが苦戦しました。事業損益は、売上高が1394億0500万円、営業利益が109億4000万円でした。

販売本数トップ10
タイトル 地域 ハード 数量(万本)
ソウルキャリバー? 米欧日亜 PS3・XB360 232
ファミリートレーナー 米欧日 Wii 103
We Ski 米欧 Wii 96
ドラゴンボールZ バーストリミット 欧日亜 PS3・XB360 73
ガンダム無双 2 日亜 PS3・XB360・PS2 70
NARUTO -ナルト- ナルティメットストーム 欧米日 PS3 64
太鼓の達人DS 7つの島 DS 58
Naruto: Ultimate Ninja 3 米欧 PS2 58
太鼓の達人Wii Wii 57
スーパーロボット大戦Z PS2 51


今期の業績予想は、売上高が4300億円、営業利益が225億円、経常利益が235億円の予想となっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

    今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

  2. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

    海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  3. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  4. 【プレイレポ】アイテムを使うだけでも楽しい!『マリオカート アーケードグランプリVR』の臨場感が桁外れ

  5. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  6. 2017年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 『Google Earth VR』がストリートビューに対応!―お家に居ながら世界旅行気分

  8. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  9. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  10. 迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

アクセスランキングをもっと見る