人生にゲームをプラスするメディア

アメリカゲーム業界人の年収は昨年度と比べて……?

ゲームビジネス その他

Game Developer誌は2008年度の米国ゲーム開発者の平均年収を79000ドル(約771万円)であるとする調査結果を発表しました。2007年度の平均年収は743万円ですから、約28万円アップしたことになります。

■各職業の平均年収(Game Developer誌調べ)
ビジネス&マーケティング:102143ドル(約997万円)
プログラマー:85024ドル(約830万円)
プロダクション:82905ドル(約809万円)
オーディオ:78167ドル(約763万円)
アート&アニメーションアーティスト:69532ドル(約679万円)
ゲームデザイン:67379ドル(約658万円)
品質管理:39571ドル(約386万円)

プログラマーは前年比約10万円ダウン。
アート&アニメーションアーティストは7万円アップ。
オーディオが23万円アップ。
ゲームデザイナーが18万円アップという結果になっています。

実制作に携わる職業に関しては1位プログラマー、2位オーディオ、3位アート&アニメーションアーティストという図式は変わらず。

女性の比率も増えており、プロダクションは21%、品質管理を担当するテスターは14%が女性とのこと。特に女性テスターは2007年の6%から8%もの増加を見ているとのことです。

不況の影響が囁かれる昨今ですが、2007年の平均年収はヨーロッパが約520万円、カナダが約640万円となっており、約771万円というのはかなり恵まれた金額。しかも前年から約28万円のアップを実現しているのですから、平均値で見るならそう悪くないといえるのかも知れません。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. カプコン、平成26年3月期決算を発表 ― 『モンハン』『デッドライジング3』『バイオ』がミリオンセラーを達成

    カプコン、平成26年3月期決算を発表 ― 『モンハン』『デッドライジング3』『バイオ』がミリオンセラーを達成

  3. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

    【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  4. “ゲーム音楽シンポジウム”出演の光田康典氏インタビュー。ゲーム音楽への強い想い

  5. 【OGC2014】『FIFA』を作った日本人が語る、EA流の世界市場に向けたゲームの開発術

  6. スクウェア・エニックス、新経営体制を明らかに・・・本多副社長も降格、元アイドスCEOが本社役員に

  7. 【CEDEC 2010】アサシン・クリードのゲームデザインと開発プロセス

  8. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  9. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  10. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

アクセスランキングをもっと見る