人生にゲームをプラスするメディア

アメリカゲーム業界人の年収は昨年度と比べて……?

Game Developer誌は2008年度の米国ゲーム開発者の平均年収を79000ドル(約771万円)であるとする調査結果を発表しました。2007年度の平均年収は743万円ですから、約28万円アップしたことになります。

ゲームビジネス その他
Game Developer誌は2008年度の米国ゲーム開発者の平均年収を79000ドル(約771万円)であるとする調査結果を発表しました。2007年度の平均年収は743万円ですから、約28万円アップしたことになります。

■各職業の平均年収(Game Developer誌調べ)
ビジネス&マーケティング:102143ドル(約997万円)
プログラマー:85024ドル(約830万円)
プロダクション:82905ドル(約809万円)
オーディオ:78167ドル(約763万円)
アート&アニメーションアーティスト:69532ドル(約679万円)
ゲームデザイン:67379ドル(約658万円)
品質管理:39571ドル(約386万円)

プログラマーは前年比約10万円ダウン。
アート&アニメーションアーティストは7万円アップ。
オーディオが23万円アップ。
ゲームデザイナーが18万円アップという結果になっています。

実制作に携わる職業に関しては1位プログラマー、2位オーディオ、3位アート&アニメーションアーティストという図式は変わらず。

女性の比率も増えており、プロダクションは21%、品質管理を担当するテスターは14%が女性とのこと。特に女性テスターは2007年の6%から8%もの増加を見ているとのことです。

不況の影響が囁かれる昨今ですが、2007年の平均年収はヨーロッパが約520万円、カナダが約640万円となっており、約771万円というのはかなり恵まれた金額。しかも前年から約28万円のアップを実現しているのですから、平均値で見るならそう悪くないといえるのかも知れません。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

    今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  3. 『MGS V: TPP』海外版スネークの声優交代、本人が改めて明言

    『MGS V: TPP』海外版スネークの声優交代、本人が改めて明言

  4. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  5. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  6. 国際学生バーチャルリアリティコンテスト(IVRC)決勝大会の出展作品を徹底リポート

  7. アンリアル・エンジン4に採用された物理ベースのマテリアル・システム・・・「Unreal Japan News」第72回

  8. 米誌Game Informer最新レビュー

  9. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  10. 「暴力ゲームの規制に反対」-ドイツで多数の署名が集まる

アクセスランキングをもっと見る