人生にゲームをプラスするメディア

アメリカゲーム業界人の年収は昨年度と比べて……?

ゲームビジネス その他

Game Developer誌は2008年度の米国ゲーム開発者の平均年収を79000ドル(約771万円)であるとする調査結果を発表しました。2007年度の平均年収は743万円ですから、約28万円アップしたことになります。

■各職業の平均年収(Game Developer誌調べ)
ビジネス&マーケティング:102143ドル(約997万円)
プログラマー:85024ドル(約830万円)
プロダクション:82905ドル(約809万円)
オーディオ:78167ドル(約763万円)
アート&アニメーションアーティスト:69532ドル(約679万円)
ゲームデザイン:67379ドル(約658万円)
品質管理:39571ドル(約386万円)

プログラマーは前年比約10万円ダウン。
アート&アニメーションアーティストは7万円アップ。
オーディオが23万円アップ。
ゲームデザイナーが18万円アップという結果になっています。

実制作に携わる職業に関しては1位プログラマー、2位オーディオ、3位アート&アニメーションアーティストという図式は変わらず。

女性の比率も増えており、プロダクションは21%、品質管理を担当するテスターは14%が女性とのこと。特に女性テスターは2007年の6%から8%もの増加を見ているとのことです。

不況の影響が囁かれる昨今ですが、2007年の平均年収はヨーロッパが約520万円、カナダが約640万円となっており、約771万円というのはかなり恵まれた金額。しかも前年から約28万円のアップを実現しているのですから、平均値で見るならそう悪くないといえるのかも知れません。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  2. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

    アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  3. 【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた

    【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた

  4. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  5. LINE、サイバーエージェントと合弁会社を設立して「LINE GAME」向けに提供

  6. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  7. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

アクセスランキングをもっと見る