人生にゲームをプラスするメディア

充実のラインナップが明らかに!「Xbox 360 Title Preview : Spring 2009」詳報

マイクロソフト Xbox360

充実のラインナップが明らかに!「Xbox 360 Title Preview : Spring 2009」詳報
  • 充実のラインナップが明らかに!「Xbox 360 Title Preview : Spring 2009」詳報
  • 充実のラインナップが明らかに!「Xbox 360 Title Preview : Spring 2009」詳報
  • 充実のラインナップが明らかに!「Xbox 360 Title Preview : Spring 2009」詳報
  • 充実のラインナップが明らかに!「Xbox 360 Title Preview : Spring 2009」詳報
  • 充実のラインナップが明らかに!「Xbox 360 Title Preview : Spring 2009」詳報
  • 充実のラインナップが明らかに!「Xbox 360 Title Preview : Spring 2009」詳報
  • 充実のラインナップが明らかに!「Xbox 360 Title Preview : Spring 2009」詳報
  • 充実のラインナップが明らかに!「Xbox 360 Title Preview : Spring 2009」詳報
マイクロソフトは本日14時より、東京・表参道の表参道ヒルズにて、2009年のタイトルラインナップを発表する「Xbox 360 Title Preview : Spring 2009」を開催。多数の新規発表タイトルを含む、全31タイトルを紹介しました。

最初に登壇したマイクロソフト執行役常務 ホーム&エンターテイメント事業本部の泉水敬氏は、Xbox 360の累計販売台数が100万台を突破したことを報告、これを記念して「ありがとうキャンペーン」を本日からスタートすると発表しました。これはXboxダッシュボード ベーシックテーマを全員に、また抽選で10000マイクロソフトポイントを合計1000人にプレゼントするというものです。

泉水氏は今後もXbox 360は「タイトルラインナップの充実」「ハードウェアの改良」「オンラインサービスの拡充」を続けていくと説明しました。特にXbox Liveで配信がスタートするCommunity Gamesは注目です。これはゲーム開発環境のXNA Game Studioを用いてユーザーが開発したゲームを、Xbox Liveマーケットプレイスで配信しようというものです。既に海外では多数のゲームが登場していますが、日本でも7月中旬からの開始が決定しました。また、XNA Game Studio 3.1日本語版もサービス開始に先かげてリリースされるとのこと。

ここからは各サードパーティの担当者が登壇してXbox 360向けのラインナップを説明しました。

最初はバンダイナムコゲームスでプロデューサーを務める金坂吉久氏が登壇し、『マグナカルタ2』を8月7日に発売すると発表しました。「愛・宿命・犠牲」をテーマにした完全新作で、新しい戦闘システムが特徴です。「秀麗なグラフィック」「独創的な原画デザイン」「実力派声優陣」も特徴になります。声優は平野綾・福山潤・中田譲治・本田貴子・置鮎龍太郎といったメンバーが参加します。8月の発売ということもあってか既に完成度は高く、発表会後の体験会でもゲームを触ることができました。主題歌はGLAYの「シンクロニシティ」(Synchronicity)です。

続いては既に発表済みの『鉄拳6(仮称)』も紹介され、2009年秋の発売ということがアナウンスされました。本日よりマーケットプレイスにて映像が配信されているとのこと。

カプコンからは『ロストプラネット2』と『デッドライジング2』が、映像とビデオメッセージで紹介されました。どちらも次世代機向けに登場したオリジナルタイトルの続編で、超大作として期待がかかります。

セガからは執行役員国内CS事業部 事業部長の川越 隆幸氏が先週に続いて登場。2タイトルを紹介しました。『End of Eternity』はトライエースの勝呂隆之氏から紹介。先週のものとは一部異なる映像が紹介され、銃撃戦がメインの迫力あるバトルに注目して欲しいと訴えました。もう1タイトルは『Bayonetta』で、プラチナゲームズの橋本祐介氏が映像と実機で紹介。天使を相手に打撃と銃撃で戦うアクションゲームです。こちらは2009年秋発売です。

引き続いて、マイクロソフト ホーム&エンターテイメント事業部 Xboxマーケティング本部長 坂口城治氏がその他のラインナップを紹介。

パッケージ
・Mass Effect (5月21日) 7140円
・Halo 3: ODST (2009年秋)

ゲームセンターで人気のゲームがXbox 360に登場
・BLAZBLUE (6月25日) アークシステムワークス
・まもるクンは呪われてしまった! (2009年)
・虫姫さま ふたり Ver1.5 (2009年)
・THE KING OF FIGHTERS XII (2009年)
・サムライスピリッツ閃 (2009年)

プラチナコレクションも50本目が発売決定
・真・三国無双5 (7月2日)
・BIOSHOCK (7月2日)

Xbox Live アーケード
・ロードランナー (4月22日) 1200ポイント
・バンジョーとカズーイの大冒険2 (4月29日) ※前作との連動も
・電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム Ver.5.66 (4月29日) 1200ポイント
・ロックマン9 野望の復活!! (6月) 800ポイント
・ネクタリス ミリタリー マッドネス (未定)
・0D Beat Drop (2009年春〜夏)
・スペースインベーダー エクストリーム (2009年春)
・バブルボブル Neo! (2009年)
・餓狼 マーク オブ ザ ウルヴス (2009年)
・KOF2002 (2010年)
・KOF SKY STAGE (未定)
・ょすみん。LIVE (2009年春) スクウェア・エニックス
・プロジェクト CUBE (2009年春) スクウェア・エニックス
・ゼロ デイ アタック オン アース (2009年春) スクウェア・エニックス

1時間半余りの発表会でしたが、非常に多くのタイトルとジャンルが揃い、今年も非常に良い年になりそうな予感をさせるものでした。

最後に泉水氏は「Xbox 360は引き続き強力なラインナップを提供していきます。100万台という大台に乗りましたが、ユーザーの皆さんには360万台を目指して欲しいという声も届いています。一日も早くその数字に達するよう努力していきます。今年は6月のE3、9月の東京ゲームショウと更に多くの話題を提供していけると思います。今後ともどうぞよろしくお願いします」と挨拶して発表会を終えました。

そして本日31タイトル目の作品として『Gears of War 2』の国内発売が決定したことがアナウンスされました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. Xbox One版『PUBG』国内発売日決定―パッケージ版も登場

    Xbox One版『PUBG』国内発売日決定―パッケージ版も登場

  2. 『シャンティ 海賊の呪い』Xbox One移植決定、海外で3月16日リリース

    『シャンティ 海賊の呪い』Xbox One移植決定、海外で3月16日リリース

  3. Xbox One『黄泉ヲ裂ク華』発売延期、2018年夏頃に─ジャンルもダンジョンRPGに変更

    Xbox One『黄泉ヲ裂ク華』発売延期、2018年夏頃に─ジャンルもダンジョンRPGに変更

  4. リズムゲームファン注目のKinect専用ソフト『DanceEvolution』、NAOKI MAEDA氏「未来型のダンスゲームです」

  5. Xbox LIVEポリシーのStephen Toulouse氏がMicrosoftを退社

  6. 【E3 2017】「Xbox One X」日本での発売日と価格は決定次第発表【UPDATE】

  7. 『ライオットアクト 2』追加コンテンツ第2弾「デリュージ パック」配信開始

  8. 【TGS2017】『アサシンクリード オリジンズ』日本初公開の「Xbox One X」にてハンズオン―本当に美しい、驚きの4K風景!

アクセスランキングをもっと見る