人生にゲームをプラスするメディア

充電池「エネループ」の累計出荷数量が8000万個突破

ゲームビジネス その他

充電池「エネループ」の累計出荷数量が8000万個突破
  • 充電池「エネループ」の累計出荷数量が8000万個突破
三洋電機の"くり返し使うライフスタイル"を提案する充電池「eneloop」の、グローバル累計出荷数量が2009年3月末で8000万個を達成したことが発表されました。



エネループは、約1000回充電してくり返し使える便利な充電池です。Wiiを使っている人の多くは活用しているのではないでしょうか。

■エネループの年度別販売数量推移(11月14日から発売)
2005年 約300万個
2006年 約2100万個
2007年 約2500万個
2008年 約3100万個

エネループは当初2005年11月の発売時点では単3のみの販売でしたが、現在は単1〜単4までのサイズが揃い、販売国数も60カ国以上に増えて販売個数も年々堅調な伸びを見せています。

三洋電機は、「エネルギー(energy)の循環(loop)」というコンセプトを持つ「エネループ」を、「さらに多くの方々にお使いいただけるよう、世界に向けて"くり返し使うライフスタイル"を提案していきます」とコメントしています。
《まさと》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

    五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  2. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  3. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  4. バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気

  5. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  6. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  7. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  8. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  9. 東広島から日本のRPGで世界を狙う!E3にも出展したケムコの戦略に迫る

  10. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

アクセスランキングをもっと見る