人生にゲームをプラスするメディア

『バーチャファイター』の鈴木裕氏、R&Dクリエイティブオフィサーを退任−海外でも大きなニュースに

セガサミーホールディングス株式会社は、鈴木裕氏がR&Dクリエイティブオフィサーを退任したと発表しました。

ゲームビジネス その他
セガサミーホールディングス株式会社は、鈴木裕氏がR&Dクリエイティブオフィサーを退任したと発表しました。

鈴木裕氏は『スペースハリアー』『バーチャファイター』『シェンムー』など革新的なゲームを生み出してきたゲームクリエイター。あくまでR&Dクリエイティブオフィサーの退任であり、セガサミーホールディングス株式会社を退社するのではないのでご注意を。2009年4月15日付でAM研究開発本部付となる予定とのこと。

海外ゲームサイトはEDGE-ONLINEは「アーケードのマエストロがクリエイティブオフィサーを退任した」との見出しでトップニュースとしてこれを報じ「スズキの名前はセガと同義であり、セガに富と栄光をもたらした幾つかの聖像的フランチャイズの起因」と氏の業績を激賞。developは「『スペースハリアー』『アウトラン』『バーチャファイター』『バーチャコップ』そしてファンお気に入りの『シェンムー』といったセガで最も愛されるタイトルの多くを生み出した」と、やはりこちらも鈴木氏を称える記事を発表しています。

鈴木氏のR&Dクリエイティブオフィサー退任は海外でも大きなニュースとなっており、氏の業績の大きさを再認識させる結果となっています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  2. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  3. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

    暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  4. 次世代女子プロe-Sports選手育成「スターゲーマーズプロジェクト」始動!―新番組「スターダストゲームガールズ」6月9日より配信開始

  5. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 【ゲームラボ・カンファレンス東京】インディゲームって実際どうなのよ!? 日米欧のインディゲーム開発者が本音でトーク

  7. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

  8. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  9. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  10. 「クール・ジャパン」推進に500億円 税金でクールな文化は作れるのか?

アクセスランキングをもっと見る