人生にゲームをプラスするメディア

Wiiでボイス操作ゲームを容易に開発する「Fonix VoiceIn」がリリース

任天堂 Wii

モバイル機器、ゲーム機など向けに音声制御インターフェイスを提供しているFonix Speech社は、同社の「Fonix VoiceIn Game Edition 5.1 SDK」をWii向けに初めてリリースしたと発表しました。本製品はWii以外に、PS3、Xbox360、PC、iPhone向けにも既に提供されています。

「Fonix VoiceIn 5.1 SDK」はゲームの出荷数ベースのロイヤリティで使用可能で、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ロシア語、ポーランド語など様々な言語に対応していて、これらの言語を使ってゲームを操作するゲームを容易に開発できるようになります。

「我々のVoiceIn SDKはゲーム開発者に、複数のプラットフォーム、複数の言語を一度に開発する能力を与えます。Fonix VoiceInを使えばゲームプレイヤーはボイスのみでゲームをプレイできるようになります。また、ゲーム開発者は、ボイスを使った新しいインターフェイスを、様々な方言やノイズを考慮した上で簡単にゲームに導入できるようになります」と上級副社長テクノロジーデベロップメントのD. Lynn Shepherd氏はコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

    【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  2. 『スプラトゥーン2』新ブキ「ヴァリアブルローラーフォイル」が11月18日より追加―幅広い状況に対応可能!

    『スプラトゥーン2』新ブキ「ヴァリアブルローラーフォイル」が11月18日より追加―幅広い状況に対応可能!

  3. 『PUBG』のBlueholeがPS4/Switch向け新規IPを開発中―アジア市場をターゲットに

    『PUBG』のBlueholeがPS4/Switch向け新規IPを開発中―アジア市場をターゲットに

  4. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』発売! 大森滋が記念イラストを公開、各地の盛り上がりを増田順一が激写

  5. 【特集】『星のカービィ』一度は食べてみたいカービィ世界の食べ物10選、あなたが食べたいのはどれ?

  6. 『スプラトゥーン2』コラボギアコードが「コロコロコミック」1月号に付属!

  7. Wii版『ドラゴンクエストX』のサービスが終了―多くのプレイヤーから感謝の言葉が届く

  8. 『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

  9. 『シノビリフレ』ゲームシステムの詳細が公開―“ファビュラスリフレ”とは一体…

  10. 『スーパーボンバーマン R』にゴエモン、アヌビス、藤崎詩織らが参戦!? ストーリーや新モードも追加

アクセスランキングをもっと見る