人生にゲームをプラスするメディア

海外ゲーマーが見る、任天堂携帯ゲーム機の成功の秘訣

ゲームビジネス その他

海外ゲーマーから見た、任天堂携帯ゲーム機の成功の秘訣とはどんなものでしょうか?

海外サイトNintendojoは「証明された任天堂のハンドヘルド端末戦略」と題した記事で、携帯ゲーム機の成功の秘訣を探っています。

任天堂の携帯ゲーム機には常にグラフィック能力に長けたライバルがいたが、グラフィックよりもバッテリー駆動時間を優先したことで携帯ゲーム機として実用性のある稼働時間と価格を実現できたと指摘。

ゲームボーイにはゲームギアとLYNXが、ゲームボーイアドバンス(GBA)にはTurboExpress(北米版PCエンジンGT)やGENESIS NOMAD(海外のみで発売された携帯メガドライブ)が、ニンテンドーDSにはPSPがライバルとなりましたが、ゲームギアなど一部ライバル機の駆動時間を「あまりに非実用的」としています。

ソニーはプレイステーションとプレイステーション2で互換性を重視したことにより据置ゲーム機の勝利者となったが、任天堂の携帯ゲーム機ではGBAとニンテンドーDS、ゲームボーイとゲームボーイカラー及びゲームボーイポケット、ニンテンドーDSとニンテンドーDSiというように一貫した互換性重視路線が採られており、これも成功の秘訣の一つであると分析。

長い駆動時間とミドルレベルの技術によって任天堂が携帯ゲーム機市場を支配しており、ライバルが出現するまでは任天堂のリーダーシップは続くだろうと結論しています。

この認識は日本ゲーマーのものとほぼ共通と思われ、TurboExpressやGENESIS NOMADなど日本未発売の携帯ゲーム機を含めても同じ結論が出ているのが興味深いところです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

  3. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  4. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  5. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  6. 【TGS2017】中国産スマホゲームの日本進出を語る!「進出しない理由は無い市場」

  7. イーフロンティア、「Shade 11」など最新3DCGツール群を発表

  8. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  9. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  10. 今週発売の新作ゲーム『シャドウ・オブ・ウォー』『LOST SPHEAR』『The Evil Within 2』『Minecraft: Story Mode Season 2』他

アクセスランキングをもっと見る