人生にゲームをプラスするメディア

「残忍で笑える」「見る人の目を引く」画面を−『MADWORLD』開発秘話

海外で話題となっている『MADWORLD』ですが、印象的な白黒の画面を作り出すまでには様々な苦労があったようです。

任天堂 Wii
「残忍で笑える」「見る人の目を引く」画面を−『MADWORLD』開発秘話
  • 「残忍で笑える」「見る人の目を引く」画面を−『MADWORLD』開発秘話
  • 「残忍で笑える」「見る人の目を引く」画面を−『MADWORLD』開発秘話
  • 「残忍で笑える」「見る人の目を引く」画面を−『MADWORLD』開発秘話
  • 「残忍で笑える」「見る人の目を引く」画面を−『MADWORLD』開発秘話
海外で話題となっている『MADWORLD』ですが、印象的な白黒の画面を作り出すまでには様々な苦労があったようです。

プラチナゲームズの英語版公式Blogでは、「白黒で描くこと」と題した記事が発表されました。

『MADWORLD』におけるアートデザインの最初のコンセプトは「ゲームで起こる残忍なできごとにプレイヤーが罪の意識を感じず、笑って楽しめること」であり「雑誌やWEB上で見る人の眼を引く」ことだったといいます。

グラフィックを写実的にする路線は残忍さを表現するために有効だが、高いグラフィック性能を持つハードのゲームと比べると見劣りがすると判断してからは、「手描きのマンガ雑誌のような」グラフィックが目標に。作業中に通りかかったプログラマーの「これはすごい!こんなの見たことないよ!」という言葉に勇気づけられ、「アーティストがスケッチしたような」テイストを持つモノクログラフィックの路線が推進されました。

主人公Jackの初期デザイン。トレードマークのチェーンソーはまだ存在していないようですこちらが正式版。チェーンソーとそこにあしらわれた血の赤がゲームのコンセプトを物語ります


これまでモノクロのゲームはなかったが、誰も思いつかなかったわけではなく、なんらかのつまずきがあって実現に至らなかったのではないかと考えて欠点を洗い出したところ、敵や進路が分からなかったり、目に優しくなかったりといったポイントが見つかりました。灰色を使ったところツートンカラーの画面から感じられるコントラストとソリッドさが失われたため、これを断念。遠景の一部などに彩度を落とした黄色を使うことでより見やすい画面を作り出すなどの苦労が重ねられました。

こちらは初のテストの画面血の赤と、遠景に彩度を落とした黄色が加えられたテスト画面。見やすさが向上しているのが分かります


様々な試行錯誤はあったものの、目指した画面にたどり着くにはそう時間はかからず、その後、赤い血液とマンガ的な擬音を加えることで「残忍で笑える」という目標が達成できたといいます。

『MADWORLD』の画面を作る上で初期のコンセプトから外れることなかったことを誇りに思うと同時に、「プレイアブルコミック」を我々と同じくらい愛して欲しい……と締めくくられています。

この記事には様々な反響が寄せられており、「芸術とゲームの境界に関して考えさせてくれる」「こんなゲームを作れるのは日本人だけだ。私は宝石のような日本ゲームを探すために、平凡でつまらない西洋のゲームを渡り歩かないといけなかった」「大部分の開発者はWiiにロークオリティなミニゲームを持ってくるという安全策をとるけど、全部のWiiユーザーがそうして欲しいと思ってる訳じゃない」といったコメントからは『MADWORLD』への期待の高さをかいま見ることができるといえるでしょう。
《水口真》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

    『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  2. 『ポケモンSV』にヒスイポケモン参戦決定!?時を超えた絆に「胸アツ」の声!

    『ポケモンSV』にヒスイポケモン参戦決定!?時を超えた絆に「胸アツ」の声!

  3. 『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑

    『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑

  4. 「脱衣麻雀」の時代が戻ってきた!?スイッチで続々と名作が復活!!

  5. 「ポケモンセンター特設通販 Nセレクション」期間限定でオープン ― 「N」関連グッズを用意

  6. 『ポケモンSV』新ポケモン「パモ」が約23年ぶりの快挙を達成!?「凄い発見だよ」

  7. 「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」上位ポケモン人気の理由を解説! なぜあのポケモンが支持を得たのか?

  8. 『桃鉄』ソロプレイ全物件制覇こそ、“おうち時間”を最高に楽しむエンドコンテンツ!ワンミスで資産が吹き飛ぶ地獄のサバイバル100年を生き延びろ

  9. 『モンハンライズ』で手っ取り早くHR100を目指す!「バルファルク」を狩りたくてウズウズしてるハンターに送るポイントの稼ぎ方

  10. 『Apex』世界大会で日本チームが歴史的快挙!?“デュオ”で伝説を築き上げる

アクセスランキングをもっと見る