人生にゲームをプラスするメディア

マリオVSクッパ−海外のクールなTシャツはキノコ王国での着用禁止

ゲームビジネス その他

マリオVSクッパ−海外のクールなTシャツはキノコ王国での着用禁止
  • マリオVSクッパ−海外のクールなTシャツはキノコ王国での着用禁止
怪物と英雄の戦いは石像のモチーフとしてポピュラーですが、この二人、どこかで見たことないですか?そう、戦っているのは我らがマリオとクッパ。ヨッシーにまたがるマリオはまるで白馬の騎士のようです。



Woot Shirtは『スーパーマリオブラザーズ』をモチーフとしたTシャツ「Battle Fungale」を販売しています。よく見るとスターやハテナブロック、パックンフラワーなど『スーパーマリオブラザーズ』のキャラクターたちが満載。

サイトには「キノコ王国では着ないように」という注意書きが付いており、「キノコ王国は過去の全体主義者を乗り越えようとしており、Tシャツの絵柄であるクッパが住人の古傷をえぐってしまう」ことが理由とのこと。価格は10ドル(約900円)。
《水口真》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  2. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

    インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  3. BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

    BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

  4. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  5. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  6. 任天堂、初の社外取締役を起用へ

  7. Nintendo Services USAを清算へ

  8. 【特集】パルマー・ラッキーの裏側―次は『君の名は。』三葉のコスプレを

  9. 【レポート】日本のゲーム産業に対する大いなる誤解―角川ゲームス安田氏の基調講演

  10. ゾンビになって映画を一足先に体験!?VR映像『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』5月24日配信

アクセスランキングをもっと見る