人生にゲームをプラスするメディア

日本でゲームをする子供の暴力性はアメリカの子供より低い

アイオワ州立大学は、日本でゲームをする子供の暴力性は、アメリカの子供に比べて低いとする研究結果を発表しました。

ゲームビジネス その他
アイオワ州立大学は、日本でゲームをする子供の暴力性は、アメリカの子供に比べて低いとする研究結果を発表しました。

アイオワ州立大学のCraig Anderson教授とDouglas Gentile 助教授は、アメリカの子供と日本の子供に関して調査を行いました。

激しいビデオゲームをプレイした後は3〜6ヵ月で子供の行動に影響が現れるものの、暴力的な行動に出る率はアメリカの子供より日本の子供の方が低いことが明らかになりました。

Craig Anderson教授は「日本の子供がビデオゲームに影響を受けない訳ではない」としながらも「日本の子供は激しいビデオゲームをプレイしながらも暴力発生率が低いため、我々が行ってきたゲームの影響に関する研究は間違っていた」とコメント。

Douglas Gentile 助教授は「激しいゲームが学校乱射事件の原因ではないと認識できたことは重要である」「暴力的なビデオゲームだけが子供の攻撃性を増す訳ではないが、この調査結果はアメリカと日本の両方におけるパズルの1ピースである」と研究を継続する必要性に関して語っています。

ゲームと暴力性の関係は、これまでも様々な議論が行われてきたテーマの一つですが、アメリカと日本の子供を比べたことが今回の調査の画期的な部分。

ゲームをしても暴力の発生率が低いままの国があれば高い国もあるということで、何が子供の暴力性を増すことになるのか、問題の切り分けに一歩前進と言ったところではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

    「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

  2. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

    【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  3. NHK「クローズアップ現代+」でVR特集 ― 吉田修平や原田勝弘が出演

    NHK「クローズアップ現代+」でVR特集 ― 吉田修平や原田勝弘が出演

  4. 【実勢価格調査】ヤマダ電機、3DS本体購入で任天堂レジャーシートが貰える(5/11)

  5. 「ソーシャルゲームのすごい仕組み」 いま何が起きているか理解する最適の1冊

  6. 【イベント】先端技術を使ったバーチャリアリティが集結―IVRC東京予選大会

  7. 任天堂のグリーン調達について―「任天堂で働くということ」

  8. 任天堂、定款変更を株主総会に提案

  9. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  10. 来年のE3は7月11〜13日の開催が決定

アクセスランキングをもっと見る