人生にゲームをプラスするメディア

日本でゲームをする子供の暴力性はアメリカの子供より低い

アイオワ州立大学は、日本でゲームをする子供の暴力性は、アメリカの子供に比べて低いとする研究結果を発表しました。

ゲームビジネス その他
アイオワ州立大学は、日本でゲームをする子供の暴力性は、アメリカの子供に比べて低いとする研究結果を発表しました。

アイオワ州立大学のCraig Anderson教授とDouglas Gentile 助教授は、アメリカの子供と日本の子供に関して調査を行いました。

激しいビデオゲームをプレイした後は3〜6ヵ月で子供の行動に影響が現れるものの、暴力的な行動に出る率はアメリカの子供より日本の子供の方が低いことが明らかになりました。

Craig Anderson教授は「日本の子供がビデオゲームに影響を受けない訳ではない」としながらも「日本の子供は激しいビデオゲームをプレイしながらも暴力発生率が低いため、我々が行ってきたゲームの影響に関する研究は間違っていた」とコメント。

Douglas Gentile 助教授は「激しいゲームが学校乱射事件の原因ではないと認識できたことは重要である」「暴力的なビデオゲームだけが子供の攻撃性を増す訳ではないが、この調査結果はアメリカと日本の両方におけるパズルの1ピースである」と研究を継続する必要性に関して語っています。

ゲームと暴力性の関係は、これまでも様々な議論が行われてきたテーマの一つですが、アメリカと日本の子供を比べたことが今回の調査の画期的な部分。

ゲームをしても暴力の発生率が低いままの国があれば高い国もあるということで、何が子供の暴力性を増すことになるのか、問題の切り分けに一歩前進と言ったところではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ

    【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ

  2. 京都企業のコラボレーションで実現した「サービスとしてのDS」にみる「ゲーム」の新しいカタチ・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第8回

    京都企業のコラボレーションで実現した「サービスとしてのDS」にみる「ゲーム」の新しいカタチ・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第8回

  3. ドラクエとモンハンの挑戦―「プレミアム感があるゲーム」はスマホを本当の意味でゲーム機にするか

    ドラクエとモンハンの挑戦―「プレミアム感があるゲーム」はスマホを本当の意味でゲーム機にするか

  4. スクウェア・エニックスの技術責任者Julien Merceron氏がKONAMIへ移籍、FOX Engineに関わることに

  5. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

  6. モバイルゲームのデータ改ざん、元開発者に有罪

  7. 世界最大のゲーム会社は中国・テンセント 今年上半期のトップ25はアジア勢が存在感

  8. ソニー社長後継人事、SCE平井社長の名前も候補に

  9. 「TVパニック」「wanpaku」のNESTAGE、民事再生法申請・・・ゲオが支援へ

  10. 使い方は想像力次第!? アニメキャラをリアルタイム操作するテクノロジー「ライブアニメ」

アクセスランキングをもっと見る