人生にゲームをプラスするメディア

【CEDEC 2008】「お金を持っている人は国内にいるとは限らない」多国籍展開のススメ

CEDEC3日目16:40〜はオンラインゲーム『ゲットアンプド』などでお馴染み、サイバーステップ株式会社の佐藤 類氏が登壇。「新開発オンラインゲーム(2タイトル)の国内サービス立ち上げ及び海外展開(韓国、中国、台湾、米国)についての具体的活動の紹介と研究開発中の新しいオンラインエンターテイメント(遠隔操作ロボット)のデモ」という講演を行いました。

ゲームビジネス その他
【CEDEC 2008】「お金を持っている人は国内にいるとは限らない」多国籍展開のススメ
  • 【CEDEC 2008】「お金を持っている人は国内にいるとは限らない」多国籍展開のススメ
  • 【CEDEC 2008】「お金を持っている人は国内にいるとは限らない」多国籍展開のススメ
  • 【CEDEC 2008】「お金を持っている人は国内にいるとは限らない」多国籍展開のススメ
  • 【CEDEC 2008】「お金を持っている人は国内にいるとは限らない」多国籍展開のススメ
CEDEC3日目16:40〜はオンラインゲーム『ゲットアンプド』などでお馴染み、サイバーステップ株式会社の佐藤 類氏が登壇。「新開発オンラインゲーム(2タイトル)の国内サービス立ち上げ及び海外展開(韓国、中国、台湾、米国)についての具体的活動の紹介と研究開発中の新しいオンラインエンターテイメント(遠隔操作ロボット)のデモ」という講演を行いました。

サイバーステップ株式会社は2000年に創立されオンラインゲームを専門に開発・運営を行ってきた会社。韓国・中国・台湾といったアジア圏での売上が7割を占めています。佐藤氏はオンラインゲームのメリットを「地域性に合わせて価格設定ができること」であり、多国籍展開をすることで1コンテンツから何本分もの利益を上げられると解説。アイテムの売れ行きにもお国柄が出る一例として、中国では武侠もののアバターが受け、韓国では国旗がついたデザインの服が好評、日本ではガチャガチャが売れるといった実例を挙げ、日本のユーザーは韓国・中国・台湾と比べると数こそ少ないものの、一人当たりの課金額は10倍近くにも達するとする見解を明らかにしました。

佐藤氏は「日本のエンターテイメントはレベルが高い」とコメント。細かいところの作り込みが日本人開発者のお家芸であり、海外でも歓迎されている……と『ゲットアンプド』売り込み時代の体験談を披露しました。

続いては注目の新作『ゲットアンプド2』のお披露目。現在開催中のクローズドβテスト(正式サービス開始前に、人数を限定して行うテストプレイ)にCEDEC会場からログインするというオンラインゲームならではのパフォーマンスを展開。200人が集えるビジュアルロビーと20人同時対戦のデモを行いました。

現在サイバーステップ株式会社が手がけているのは遠隔操作型のロボット。専門的なソフトを介するのではなく、WEB上からロボットを操作することができます。単純にロボットを動かすのではなく、「ロボットのカメラで赤い紙を捉える」など与えられた課題をこなすことでタイピングゲームによるモンスターとの戦闘が展開。実際にCEDEC会場から東京・渋谷区のオフィスに配置したロボットを遠隔操作しました。

「お金を持っている人は国内にいるとは限らない」とするのが佐藤氏の持論。積極的な海外展開を推奨すると同時に「ローカライズといいパートナーを選ぶのは難しく、現地のニーズを聞かないことには失敗する」と、様々な国でサービスした教訓で講演を締めくくりました。
《水口真》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

    令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

  2. 『Apex Legends』人気タレントが集う第6回「CRカップ」は7月31日開催!早くもCR.おじじ氏が明言

    『Apex Legends』人気タレントが集う第6回「CRカップ」は7月31日開催!早くもCR.おじじ氏が明言

  3. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  4. 米任天堂社長が「新型ニンテンドースイッチ」について米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

  5. 【週間売上ランキング】 トップは『戦国無双2 猛将伝』(8月20日〜26日)

  6. 「Zwei」(ツヴァイ)を発表したTango Gameworks、三上真司氏に聞く新作やZeniMaxとのゲーム作り

  7. スクエニ三宅陽一郎氏がゲーム開発におけるAI技術論文で「2020年度人工知能学会論文賞」を受賞

  8. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  9. 中裕司氏がスクウェア・エニックスを退職していたと明かす―『ソニック』を生み出したゲームクリエイター、同社では『バラン ワンダーワールド』を手掛ける

  10. 【CEDEC 2012】桜井政博氏が問い掛ける「あなたはなぜゲームを作るのか」

アクセスランキングをもっと見る