人生にゲームをプラスするメディア

欧州、米国を抜いて世界で2番目のゲーム市場に―Nielsen調査

ゲームビジネス その他

Interactive Software Federation of Europeが調査会社のNielsenと共同で発行したレポート「Video Gamers in Europe - 2008」によれば、欧州のゲームソフト産業は急速に成長中で、2007年は規模にして73億ユーロとなり、米国を抜いて、日本を含むアジア太平洋に続く世界で2番目の市場になったということです。

欧州の中で規模が大きい国は、英国(23億ユーロ)、フランス(16億ユーロ)、ドイツ(14億ユーロ)、スペイン(7億ユーロ)、イタリア(6億ユーロ)となっています。オランダ、スウェーデン、フィンランドなどがこれに続き、これらの国々では2006年から2007年にかけて25%の成長があったということです。

市場別では欧州が73億ユーロなのに対して、アジア太平洋は74億ユーロ、米国は69億ユーロとなっています。

その他の興味深いデータを紹介すると、

ゲーマーの平均年齢
・英国=33歳
・フィンランド=30歳
・スペイン=26歳

16〜49歳の中でアクティブなゲームユーザーの割合
・英国=37%
・フィンランド=28%
・スペイン=28%

子供と一緒にゲームをする親の割合
・英国=42%
・フィンランド=31%
・スペイン=23%

なぜゲームを遊ぶのか
・楽しいから=80%
・リラックスやストレス解消につながるから=55%

ゲームをする利点として思いつくもの
・暇つぶしに楽しめる=72%
・想像力を楽しめる=57%
・物事を考えるのにつながる=45%
・心を良好に保てる=42%

などが挙がっていました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ザンキゼロ』『ニンテンドークラシックミニファミコン ジャンプ創刊50周年記念バージョン』他

    今週発売の新作ゲーム『ザンキゼロ』『ニンテンドークラシックミニファミコン ジャンプ創刊50周年記念バージョン』他

  2. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  3. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

    【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  4. アメリカザリガニ平井善之さん、「日本ゲームユーザー協会」を設立

  5. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  6. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. 【CEDEC 2009】「ノスタルジックなゲームの現代的パッケージング手法~『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』の開発事例~」

  9. 【e-Sportsの裏側】韓国トップランナーが説く、Eスポーツビジネス論―「市場は選手が作る」

  10. グリー、ジープラの株式を取得 ― ポリゴンマジックから約140名エンジニア受け継ぎ

アクセスランキングをもっと見る