人生にゲームをプラスするメディア

ゲームハイ、日本向けにIPTVによるゲームのサービスを開始

ゲームビジネス その他

韓国ゲームハイは、日本向けにIPTVによるゲームコンテンツのサービスを開始する予定であると発表しました。

ゲームハイは、日本ではゲームヤロウとしてFPS(一人称シューティング)『サドンアタック』、MMORPG『デカロン』をサービスするゲーム運営会社。VOD(ビデオ・オン・デマンド:動画配信)サービスを行う日本の会社ネオと提携してゲームを提供していくとしています。

IPTVとはネットワーク回線を通じてコンテンツを配信するというサービス。TVのような映像だけでなく、ゲームの配信も可能となっています。IPTVによるゲーム・オン・デマンドサービスの場合、手軽に高度なゲームをプレイできるのが特徴。STB(セット・トップ・ボックス)と呼ばれる機械もしくはこれを内蔵したTVが必要になりますが、自宅のTVで映画とゲームを楽しめるようになるというわけです。

韓国ゲームハイはIPTV事業を通じて新しい形のオンラインゲームビジネスを作り出すとしており、今後の展開が期待されるところです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ザンキゼロ』『ニンテンドークラシックミニファミコン ジャンプ創刊50周年記念バージョン』他

    今週発売の新作ゲーム『ザンキゼロ』『ニンテンドークラシックミニファミコン ジャンプ創刊50周年記念バージョン』他

  2. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  3. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

    【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  4. アメリカザリガニ平井善之さん、「日本ゲームユーザー協会」を設立

  5. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  6. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. 【CEDEC 2009】「ノスタルジックなゲームの現代的パッケージング手法~『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』の開発事例~」

  9. 【e-Sportsの裏側】韓国トップランナーが説く、Eスポーツビジネス論―「市場は選手が作る」

  10. グリー、ジープラの株式を取得 ― ポリゴンマジックから約140名エンジニア受け継ぎ

アクセスランキングをもっと見る