人生にゲームをプラスするメディア

タイトーとEAが欧州のモバイル向けゲームで提携

ゲームビジネス その他

タイトーと米エレクトロニック・アーツ(EA)は、欧州でのモバイル向けコンテンツ配信に関して、EAがタイトーからライセンスを取得し、展開していくことで合意したと発表しました。EAはカジュアルエンタテインメントレーベルの「EAモバイル」のブランドで、タイトーの各種ライセンスを配信することになります。

合意ではタイトーの全ブランドが対象で、『クッキングママ』『スペースインベーダー』『アルカノイド』『バブルボブル』『パズルボブル』『レインボーアイランド』といった作品がリリースされることになります。対象プラットフォームも、現在あるモバイル機器に加えて、今後登場してくるであろうスマートフォンなどもカバーするものとなっています。

タイトーAIR事業本部の笠間信一郎氏は「欧州のモバイル市場のリーダーと提携することで、我々はクリエイティブで驚きのあるゲームを作るという原点に集中することができます」とコメントしています。

海外は、現地を得意とするメーカーと組んで、という動きは今後もありそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  4. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  5. 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

  6. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  7. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  8. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  9. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  10. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

アクセスランキングをもっと見る