人生にゲームをプラスするメディア

セガとプラチナゲームズ提携、Wii『MADWORLD』、PS3・360『Bayonetta』など4タイトル開発

ゲームビジネス その他

Bayonetta
  • Bayonetta
  • MADWORLD
  • Bayonetta
  • MADWORLD
セガと、元カプコン・三並達也氏を代表とし、三上真司氏、神谷英樹氏、稲葉敦志氏といったヒットメーカーが所属するゲーム開発会社のプラチナゲームズは、業務提携し当初4タイトルを開発する事で合意したと発表しました。従来のゲームの枠組みに囚われず、感動や衝撃を与えられる「オリジナルタイトル」に積極的に取り組んでいくとしています。

今回発表されたのはWii『MADWORLD』(マッドワールド)、PS3とXbox360『Bayonetta』(ベヨネッタ)、ニンテンドーDS『無限航路』の3タイトルで、この他にも三上真司氏が手がける作品の計4タイトルを進めているということです。

『Bayonetta』(ベヨネッタ)概要
ハード:PLAYSTATION3・Xbox360、発売時期:2009年、発売地域:日・米・欧
神谷英樹が贈るアクションゲーム。主人公は人知を超越した肉体を持つ現代の魔女「ベヨネッタ」。最高水準のグラフィックで描き出すリアルな世界を、ベヨネッタが多彩な武器を駆使し華麗に駆け抜ける。これまでのアクションゲームの魅力をすべて注ぎ込み、これからのアクションゲームの最先端を具現化する、前人未到の一作。

『MADWORLD』(マッドワールド)概要
ハード:Wii、発売時期:2009年、発売地域:米・欧(日本発売未定)
稲葉敦志プロデュースの衝撃作。白と黒そして赤のみで表現された、徹底的に練りこまれた爽快感溢れるアクション。ポップで明るいタッチのグラフィック、そして限界に挑戦して描かれるゲームの世界観とのギャップがこれまでのアクションゲームにはなかった衝撃を生み出す。

『無限航路』(仮称)概要
ハード:ニンテンドーDS、発売時期:2009年、発売地域:日・米・欧
稲葉敦志(プロデュース)×河野一二三(ディレクター・(株)ヌードメーカー代表)のコンビによる、広大な宇宙を舞台にした新感覚RPG。プレイヤーは宇宙戦艦を操り、多種多様な惑星を舞台に繰り広げられる壮大なSFファンタジーの世界に飛び込んでゆく。150種類を超える宇宙戦艦を自分の思いのままにカスタマイズして挑む冒険の旅路では、200人以上の登場人物との出会いと別れが待ち受けている。従来のRPGには無い新しい感覚と遊び応えを持ったこの作品は、携帯機という小さなハードからは想像出来ないほどの“世界”を持っている。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  2. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

    日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  3. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  4. マッチロック、個人向け3Dエフェクトツール『BISHAMON Personal』販売開始

  5. 【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

  6. 【読者の声】2017年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  9. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  10. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

アクセスランキングをもっと見る