人生にゲームをプラスするメディア

セガとプラチナゲームズ提携、Wii『MADWORLD』、PS3・360『Bayonetta』など4タイトル開発

セガと、元カプコン・三並達也氏を代表とし、三上真司氏、神谷英樹氏、稲葉敦志氏といったヒットメーカーが所属するゲーム開発会社のプラチナゲームズは、業務提携し当初4タイトルを開発する事で合意したと発表しました。従来のゲームの枠組みに囚われず、感動や衝撃を与えられる「オリジナルタイトル」に積極的に取り組んでいくとしています。

ゲームビジネス その他
Bayonetta
  • Bayonetta
  • MADWORLD
  • Bayonetta
  • MADWORLD
セガと、元カプコン・三並達也氏を代表とし、三上真司氏、神谷英樹氏、稲葉敦志氏といったヒットメーカーが所属するゲーム開発会社のプラチナゲームズは、業務提携し当初4タイトルを開発する事で合意したと発表しました。従来のゲームの枠組みに囚われず、感動や衝撃を与えられる「オリジナルタイトル」に積極的に取り組んでいくとしています。

今回発表されたのはWii『MADWORLD』(マッドワールド)、PS3とXbox360『Bayonetta』(ベヨネッタ)、ニンテンドーDS『無限航路』の3タイトルで、この他にも三上真司氏が手がける作品の計4タイトルを進めているということです。

『Bayonetta』(ベヨネッタ)概要
ハード:PLAYSTATION3・Xbox360、発売時期:2009年、発売地域:日・米・欧
神谷英樹が贈るアクションゲーム。主人公は人知を超越した肉体を持つ現代の魔女「ベヨネッタ」。最高水準のグラフィックで描き出すリアルな世界を、ベヨネッタが多彩な武器を駆使し華麗に駆け抜ける。これまでのアクションゲームの魅力をすべて注ぎ込み、これからのアクションゲームの最先端を具現化する、前人未到の一作。

『MADWORLD』(マッドワールド)概要
ハード:Wii、発売時期:2009年、発売地域:米・欧(日本発売未定)
稲葉敦志プロデュースの衝撃作。白と黒そして赤のみで表現された、徹底的に練りこまれた爽快感溢れるアクション。ポップで明るいタッチのグラフィック、そして限界に挑戦して描かれるゲームの世界観とのギャップがこれまでのアクションゲームにはなかった衝撃を生み出す。

『無限航路』(仮称)概要
ハード:ニンテンドーDS、発売時期:2009年、発売地域:日・米・欧
稲葉敦志(プロデュース)×河野一二三(ディレクター・(株)ヌードメーカー代表)のコンビによる、広大な宇宙を舞台にした新感覚RPG。プレイヤーは宇宙戦艦を操り、多種多様な惑星を舞台に繰り広げられる壮大なSFファンタジーの世界に飛び込んでゆく。150種類を超える宇宙戦艦を自分の思いのままにカスタマイズして挑む冒険の旅路では、200人以上の登場人物との出会いと別れが待ち受けている。従来のRPGには無い新しい感覚と遊び応えを持ったこの作品は、携帯機という小さなハードからは想像出来ないほどの“世界”を持っている。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

    ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

  2. 【CEDEC 2011】心に響くSEはこうして生まれる・・・SEマンのこだわりとは

    【CEDEC 2011】心に響くSEはこうして生まれる・・・SEマンのこだわりとは

  3. 本格機能を毎日1時間無料で利用可能!ペイントツール「CLIP STUDIO PAINT」iPhone版がリリース

    本格機能を毎日1時間無料で利用可能!ペイントツール「CLIP STUDIO PAINT」iPhone版がリリース

  4. プレイステーション3、Xbox360の累計販売台数を上回る・・・調査会社IDCが報告

  5. 【GDC 2015】高品質のスマホゲームを連発する技はプロトタイピングにあり

  6. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

  7. 漫画界の巨匠、里中満智子氏がゲーム開発者に語った日本のクリエイティブの背景

  8. エンタテイメント業界の重鎮が語る多様化の時代に求められるコンテンツ像とは? (3)

  9. 【GDC 2013 報告会】ハードルは高くない!GDC旅行記2013・・・中林寿文氏

  10. ソネット、韓国に開発拠点「Gamepot Korea Inc.」設立

アクセスランキングをもっと見る