人生にゲームをプラスするメディア

SCE、PS3を昨年度に924万台販売、来年度はゲーム部門の黒字化を予想

ゲームビジネス その他

ソニーは2008年5月14日(水)、2007年度(2007年4月〜2008年3月)の連結業績を発表した。グループ全体の売上高及び営業収入を8兆8,714億円、営業利益は3,745億円、純利益は3,694億円を記録している。このうち、ゲーム部門は売上高が1兆2,842億円、営業利益は1,245億円の赤字となる。

ゲーム部門は、2006年度(2006年4月〜2007年3月)の売上高が1兆168億円、営業利益が2,323億円の赤字を記録しており、2007年度は営業利益の赤字幅がほぼ半減、売上高は約25%の伸びを示したことになる。また、営業利益に関しては、当年度下半期は黒字化を達成した。

ソニーは、ゲーム部門の売上高の上昇に関して、PS3の売上増加と、全体でのハード及びソフトの増収の結果によるものとしている。 また営業利益の赤字幅縮小に関しては、PS3のハードウェア(本体)のコスト削減とソフト販売の増加、PSPハードの好調な販売に加えて、PS2のハード・ソフトが利益に貢献したと発表。

2007年度のPS3本体の販売台数は前年比+156%の924万台、PS3ソフトは+335%の5,790万本、と大幅な伸びを示している。またPSP本体の販売台数が前年比+46%の1,389万台、PSPソフトが前年比+1%の5,550万本となっている。
そして、2008年5月時点の2008年度(2008年4月〜2009年3月)の売上見通しとして、PS3本体を1,000万台、PSP本体は1,500万台、PS2本体を900万台、と見込んでいる。また、ソフトの売上見通しに関しては3ハードの合計で2億5,000万本としている。

ソニーは2008年度のゲーム部門の売上に関して、PS2ビジネスの減少に伴い、ゲーム部門全体では減少傾向になると予想。しかし、営業利益はPS3のハードウェアのコスト削減やソフトの充実による大幅な改善により、ゲーム部門の黒字化を見込んでいる。

◆プレイステーションシリーズの売上台数推移
【PS2】
[ハード] 1,373万台(前年比-7%)
[ソフト] 1億5.400万本(前年-20比%)

【PSP】
[ハード] 1,389万台(前年比+46%)
[ソフト] 5,550万本(前年比+1%)

【PS3】
[ハード] 924万台(前年比+156%)
[ソフト] 5,790万本(前年+335比%)
※売上台数は世界合計
Gpara.com

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『Detroit: Become Human』『DARK SOULS REMASTERED』『ペルソナ3/ペルソナ5 ダンシング』他

    今週発売の新作ゲーム『Detroit: Become Human』『DARK SOULS REMASTERED』『ペルソナ3/ペルソナ5 ダンシング』他

  2. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

    「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  3. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

    「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  4. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  5. スクエニとイニスがタッグを組んだ新作音ゲー『DEMONS' SCORE』 時田貴司プロデューサーに聞いた開発秘話

  6. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  7. 舞台「龍が如く」桐生一馬「応龍の刺青」ビジュアルが公開、Web限定CMも

  8. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  9. キャメロット、オンラインサービスに注力、任天堂からは撤退

  10. 【DEVELOPER'S TALK】音数の限界に挑戦、ハイスピードかつハイテンションなシューター+アクションの開発秘話~『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』

アクセスランキングをもっと見る