人生にゲームをプラスするメディア

SCE、PS3を昨年度に924万台販売、来年度はゲーム部門の黒字化を予想

ゲームビジネス その他

ソニーは2008年5月14日(水)、2007年度(2007年4月〜2008年3月)の連結業績を発表した。グループ全体の売上高及び営業収入を8兆8,714億円、営業利益は3,745億円、純利益は3,694億円を記録している。このうち、ゲーム部門は売上高が1兆2,842億円、営業利益は1,245億円の赤字となる。

ゲーム部門は、2006年度(2006年4月〜2007年3月)の売上高が1兆168億円、営業利益が2,323億円の赤字を記録しており、2007年度は営業利益の赤字幅がほぼ半減、売上高は約25%の伸びを示したことになる。また、営業利益に関しては、当年度下半期は黒字化を達成した。

ソニーは、ゲーム部門の売上高の上昇に関して、PS3の売上増加と、全体でのハード及びソフトの増収の結果によるものとしている。 また営業利益の赤字幅縮小に関しては、PS3のハードウェア(本体)のコスト削減とソフト販売の増加、PSPハードの好調な販売に加えて、PS2のハード・ソフトが利益に貢献したと発表。

2007年度のPS3本体の販売台数は前年比+156%の924万台、PS3ソフトは+335%の5,790万本、と大幅な伸びを示している。またPSP本体の販売台数が前年比+46%の1,389万台、PSPソフトが前年比+1%の5,550万本となっている。
そして、2008年5月時点の2008年度(2008年4月〜2009年3月)の売上見通しとして、PS3本体を1,000万台、PSP本体は1,500万台、PS2本体を900万台、と見込んでいる。また、ソフトの売上見通しに関しては3ハードの合計で2億5,000万本としている。

ソニーは2008年度のゲーム部門の売上に関して、PS2ビジネスの減少に伴い、ゲーム部門全体では減少傾向になると予想。しかし、営業利益はPS3のハードウェアのコスト削減やソフトの充実による大幅な改善により、ゲーム部門の黒字化を見込んでいる。

◆プレイステーションシリーズの売上台数推移
【PS2】
[ハード] 1,373万台(前年比-7%)
[ソフト] 1億5.400万本(前年-20比%)

【PSP】
[ハード] 1,389万台(前年比+46%)
[ソフト] 5,550万本(前年比+1%)

【PS3】
[ハード] 924万台(前年比+156%)
[ソフト] 5,790万本(前年+335比%)
※売上台数は世界合計
Gpara.com

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

    ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  3. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  5. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  6. 先月お引っ越ししたイメージエポックへ会社訪問に行ってきました。

  7. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  8. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  9. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  10. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

アクセスランキングをもっと見る