人生にゲームをプラスするメディア

SCE、PS3を昨年度に924万台販売、来年度はゲーム部門の黒字化を予想

ゲームビジネス その他

ソニーは2008年5月14日(水)、2007年度(2007年4月〜2008年3月)の連結業績を発表した。グループ全体の売上高及び営業収入を8兆8,714億円、営業利益は3,745億円、純利益は3,694億円を記録している。このうち、ゲーム部門は売上高が1兆2,842億円、営業利益は1,245億円の赤字となる。

ゲーム部門は、2006年度(2006年4月〜2007年3月)の売上高が1兆168億円、営業利益が2,323億円の赤字を記録しており、2007年度は営業利益の赤字幅がほぼ半減、売上高は約25%の伸びを示したことになる。また、営業利益に関しては、当年度下半期は黒字化を達成した。

ソニーは、ゲーム部門の売上高の上昇に関して、PS3の売上増加と、全体でのハード及びソフトの増収の結果によるものとしている。 また営業利益の赤字幅縮小に関しては、PS3のハードウェア(本体)のコスト削減とソフト販売の増加、PSPハードの好調な販売に加えて、PS2のハード・ソフトが利益に貢献したと発表。

2007年度のPS3本体の販売台数は前年比+156%の924万台、PS3ソフトは+335%の5,790万本、と大幅な伸びを示している。またPSP本体の販売台数が前年比+46%の1,389万台、PSPソフトが前年比+1%の5,550万本となっている。
そして、2008年5月時点の2008年度(2008年4月〜2009年3月)の売上見通しとして、PS3本体を1,000万台、PSP本体は1,500万台、PS2本体を900万台、と見込んでいる。また、ソフトの売上見通しに関しては3ハードの合計で2億5,000万本としている。

ソニーは2008年度のゲーム部門の売上に関して、PS2ビジネスの減少に伴い、ゲーム部門全体では減少傾向になると予想。しかし、営業利益はPS3のハードウェアのコスト削減やソフトの充実による大幅な改善により、ゲーム部門の黒字化を見込んでいる。

◆プレイステーションシリーズの売上台数推移
【PS2】
[ハード] 1,373万台(前年比-7%)
[ソフト] 1億5.400万本(前年-20比%)

【PSP】
[ハード] 1,389万台(前年比+46%)
[ソフト] 5,550万本(前年比+1%)

【PS3】
[ハード] 924万台(前年比+156%)
[ソフト] 5,790万本(前年+335比%)
※売上台数は世界合計
Gpara.com

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

    【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  2. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  3. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  4. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  5. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  6. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  7. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  8. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  9. 物理ベースでの絵作りを通して見えてきたもの/アグニのデザイナーが語るリアルタイムワークフロー・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  10. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

アクセスランキングをもっと見る