人生にゲームをプラスするメディア

マーベラス、北米でのパブリッシング事業に参入―AQIと提携

マーベラスエンターテイメントは、AQインタラクティブ傘下の米XSEEDS JKS, Inc.と提携し、米国法人Marvelous Entertainment USA, Inc.を通じて北米でのパブリッシング事業に参入すると発表しました。これまでも『牧場物語』などは北米でも発売されていましたが、他社へのライセンスアウトという形を取っていました。

ゲームビジネス その他
マーベラスエンターテイメントは、AQインタラクティブ傘下の米XSEEDS JKS, Inc.と提携し、米国法人Marvelous Entertainment USA, Inc.を通じて北米でのパブリッシング事業に参入すると発表しました。これまでも『牧場物語』などは北米でも発売されていましたが、他社へのライセンスアウトという形を取っていました。

マーベラスでは昨年6月に発表した中期経営計画の中で「海外売上の拡大」を掲げており、このたびの提携で、今後はMarvelous Entertainment USAがパブリッシングを、XSEED JKSが販売、販促に関する業務を行うことになります。実際の展開は11月からで第1弾はPSP『ヴァルハラナイツ2』となる見通し。北米市場での「マーベラスブランド」の確立を目指していくということです。

XSEED JKSはAQインタラクティブ(55%)と代表の岩崎順氏(33.8%)らが出資する会社で、ゲームソフトの販売と市場調査を目的としています。これまでに『はじめの一歩Revolution』(Wii)、『WILD ARMS XF』(PSP)などを手がけてきました。元々、AQIの創業者である中山隼雄氏(マーベラス社長の中山晴喜氏の父に当たる)が55%を出資していましたが、昨年5月にAQIが子会社化しました。
《土本学》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. シフトがWW向け新作アクションRPGを開発中と明らかに!『ゴッドイーター』や『フリーダムウォーズ』を手掛けたスタジオ

    シフトがWW向け新作アクションRPGを開発中と明らかに!『ゴッドイーター』や『フリーダムウォーズ』を手掛けたスタジオ

  2. ゲーマーよ、これがトレーディングカードゲームだ ― 再び流行するTCGに注目

    ゲーマーよ、これがトレーディングカードゲームだ ― 再び流行するTCGに注目

  3. 活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

    活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

  4. 木彫りの置物も販売!ポケモンセンター「グレッグル・バザール」開催

  5. ホリデーシーズンのGameStop売上が例年より増加、北米ゲーム専門店の勢い衰えず

  6. 『スプラトゥーン3』のレベルデザイナーを募集中―業界経験不問、ブキや対戦バランスの調整を担当

  7. カプコン、「モバイル事業統括」を新設…社内のモバイル事業と「ビーライン」を統合へ

  8. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  9. 【CEDEC 2010】老舗ゲームメーカーの人材育成とは、セガの場合

  10. 任天堂がE.I.E.F 2005に参加

アクセスランキングをもっと見る