人生にゲームをプラスするメディア

セガの『UFOキャッチャー』新機種『8』稼動開始。 難易度アップか?

セガは、業務用クレーンゲーム機『UFOキャッチャー 』シリーズの新機種『UFOキャッチャー8』の稼動を2008年4月17日(木)より開始した。

その他 アーケード
セガの『UFOキャッチャー』新機種『8』稼動開始。 難易度アップか?
  • セガの『UFOキャッチャー』新機種『8』稼動開始。 難易度アップか?
  • セガの『UFOキャッチャー』新機種『8』稼動開始。 難易度アップか?
  • セガの『UFOキャッチャー』新機種『8』稼動開始。 難易度アップか?
  • セガの『UFOキャッチャー』新機種『8』稼動開始。 難易度アップか?
セガは、業務用クレーンゲーム機『UFOキャッチャー 』シリーズの新機種『UFOキャッチャー8』の稼動を2008年4月17日(木)より開始した。

『UFOキャッチャー8』では、プライズ(景品)のレイアウト(設置)の自由度が高くなり、段差のある「ひな壇(三段)」やクレーンでプライズを押し落としていく「押し込み」、プライズを滑らせる「ジャンプ台」などのレイアウトが手軽に行える。



また、UFOメカのポジションを高くすることにより、大きなぬいぐるみなどのプライズを置いても十分な空間が確保されている。一方、コントロールパネルは低く設定されおり、小さな子供でもプレイしやすくなっている。

このほか、メンテナス面でもさまざまな新機能が盛り込まれている。カバーを外すことなくクレーンの調整作業が行えるほか、各項目の設定ボタンを配置した設定パネルの追加、「UFO KEY」を使用することで営業中でもサービスドアを開けることなく「サービスクレジット」の追加が行える、など運営スタッフにもメリットの多い機能が実装されている。

(C)SEGA/サンライズ・メ〜テレ
Gpara.com

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

    『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

  2. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  3. 『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

  6. タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!

  7. 『デレマス』×「カレーメシ」コラボがスタート!特設サイトやスペシャルムービーも公開

  8. コジマプロダクション、東京ゲームショウ2018に物販ブースで参加決定―新商品のリクエストも受付中

  9. 【コスプレ】「ラグコス2018」昼の部で出会った美女レイヤーさんまとめ 「FGO」ほか人気キャラ目白押し!

アクセスランキングをもっと見る